1. TOP
  2. ビューティー
  3. 冬の結婚式お呼ばれ!結婚式のドレスなど服装マナーとおすすめドレス

冬の結婚式お呼ばれ!結婚式のドレスなど服装マナーとおすすめドレス

 2017/11/21 ビューティー ライフスタイル
この記事は約 12 分で読めます。 111 Views
結婚式ドレス冬

結婚式のお呼ばれには、頭のてっぺんから足の先までマナーがあります。そのため、結婚式に行くときはそのマナーを守りながら服装を決める必要があります。その中、冬の結婚式は防寒をしながらおしゃれにドレスを着こなす必要があります。

そこで今回は「冬のお呼ばれ結婚式にふさわしいドレスなど服装マナー」について見ていきたいと思います。

 

sponsored

冬の結婚式にふさわしいドレス

結婚式ドレス冬

冬に行われる結婚式に参加する時に不安なのが、「どんなドレスを着ていけばいいのか」ということですよね。冬だから長袖にすべき?などと冬には特別なマナーがあるのかと疑問がわいてきますよね。

結論からいうと、冬だからといってこうしないといけないという服装マナーはありません。結婚式の会場は暖かいので、いつもと同じようにノースリーブ・半袖のワンピース+ボレロ、または袖ありワンピースなどの基本のお呼ばれスタイルでOKなんです。ただ、冬っぽいドレスにしたいという人は以下のドレスを選んでみてください。

冬にぴったりのドレス素材

冬のおすすめ素材はベロア生地です。ベロアとは、表面に細かい毛が生えている布生地の事で、華やかに暖かい質感のあるドレスが落ち着いた雰囲気を醸し出してくれます。他にも厚手のジャガード素材もおすすめです。

反対に冬にはおすすめできない素材は、透け感のある生地、ニット生地、コットン生地です。透け感のあるドレスは冬には寒々しい印象を与えてしまい、ニット・コットン生地はフォーマルな場にふさわしい生地ではないので避けましょう。オールシーズン使える素材を選ぶのであれば、サテン生地がおすすめです。

冬の結婚式の素材

  • ベロア
  • ベルベット
  • ジャガード
  • 透け感があるもの
  • シフォン
  • ニット
  • コットン

冬にぴったりのドレス色

冬の結婚式でも花嫁の白がNGであることには変わりありません。白以外に冬にぴったりの色は暖色系のカラーです。暖色カラーは、赤などを基調とした暖かみあるカラーのことを指します。見る人に暖かい印象を与えるだけではなく、優しげで親しみやすい印象を与えるカラーなので、冬の肌寒い時期には最適のカラーといえます。中でも赤、オレンジ、黄色、緑は冬の結婚式ドレスとの相性が抜群です。

冬の結婚式ドレス色

  • オレンジ
  • 黄色
  • ピンク
  • ホワイト

冬の結婚式におすすめのドレス

冬の結婚式におすすめのドレスをレンタルドレス「おしゃれコンシャス」からご紹介します。冬の結婚式のドレスを画像で確認してください。

〇ボルドー

赤は暖色系の代表の色。冬におすすめの色ですが、赤は派手なので敷居が高いと考える人も。ですが、深みのあるレッドやワインレッド、ボルドーであれば、落ち着きと上品さが加わり大人の着こなしができます。

〇マスタード

見た目にも暖かい濃いめのイエローの結婚式パーティードレスは、秋冬にかけて季節感をより際立せるカラーです。どの世代にも人気のカラー。

〇グリーン

グリーンも冬のドレスにおすすめ。ただ、グリーンに抵抗のある人も多いでしょう。このドレスはブルーグリーンなので、着こなしやすいと思います。

冬はドレスではなく、着物もおすすめです。何枚も羽織るので暖かいですし、いつもと違った印象で華やかにも写ります。未婚であれば振袖も素敵ですよね。>>創業60年の呉服屋が運営する着物レンタルサイト【着物レンタル365】

冬の結婚式にふさわしい羽織ものやコート

結婚式ドレス冬

冬の結婚式は寒いので、羽織ものやコートは必須です。そんな羽織ものやコートにもマナーはありますよ。

NG!ファー素材は避けよう

冬になると店頭に並びだすファー。冬っぽいので結婚式にOKかなとも思いますが・・・NGです。結婚式の場で、ファーふさわしくないとされています。

その理由はリアルファーは毛皮を使うので、動物の「殺生」を連想させたり、水鳥の羽のような「抜け落ちる」ものを忌み嫌ことから、避けた方がいいためです。また、本物でもフェイクファーでも、食事の席では毛が飛んでまわりの人の口に入るおそれがあることもNGなのです。

ただ、実際結婚式に行き目にすると、ファー素材のボレロを羽織っている人もちらほら見かけます。最近は、インターネットやマナー本でも、ファーは絶対にNGではないようです。とはいえ、派手なものは避け、食事の席では脱ぐ、クロークに預けるといった配慮が必要です。もちろん、フォーマルな場なので、避けた方がベターです。

冬におすすめの羽織もの

羽織ものといえば、ボレロやショール。冬でも基本的にボレロやショール、ストールのマナーは変わりません。白は花嫁の色、ベージュは写真の時に白っぽく写る可能性があるため避けた方が無難。ボレロやショールを選ぶときは、上半身だけをみた時に白っぽく見えないかどうかも気をつけましょう。透け素材なら白っぽくみえないでしょう。素材もファーやカシミヤ、パシュミナのストールは避けましょう。

寒いからと長袖の羽織ものでもマナー違反にはなりませんが、動きにくいことも考えられるので、おすすめは半袖や七分袖のもの。半袖でも過ごしやすいように空調が調整されています。半袖でも厚手の生地のものを選べば、寒さ対策になります。下記の画像は冬の結婚式におすすめの服装です。袖が長めの羽織ものになると、ジャケットが多いですね。


 

コートはクロークに預けましょう

冬の結婚式にはコートは必需品。コートはクロークに必ず預けるようにしましょう。また、結婚式のマナーとしてカーディガンはカジュアルなのでNG。ですが、ドレスの上にコートだけでは寒くて我慢できないことも多いですよね。寒さ対策にヒートテックやニットなどをインナーに着ていくわけにもいきません。

そんな時は、ドレスの上に簡単に脱げるようなニットやカーディガンを羽織っていきましょう。その上からコートを着れば暖かいですよね。着ていったニットやカーディガンは会場に着いたら脱ぎ、クロークに預ければマナー違反にはなりません。コートではなく、ダウンでも預けるのでマナー違反にはなりません。それでも寒いという人は貼るカイロがおすすめです。

冬にふさわしいバッグや小物

結婚式ドレス冬

バッグや小物も、冬だからといって特別なマナーがある訳ではありません。季節は関係ないバッグや小物のマナーをご紹介します。

結婚式バッグのマナー

お財布、スマホにポーチと荷物が多い女性には小さすぎて入らない!と頭を悩ませる結婚式バッグ。基本的に結婚式のバッグは小ぶりのパーティーバッグです。結婚式用のバッグには挙式・披露宴の最中に必要なものだけを入れておくイメージです。大きすぎると邪魔になってしまうので、パーティーバッグは小ぶりのデザインになっています。

ですが、冬となると持ち物が多くなることも考えられますし、小ぶりのパーティーバッグでは収まりがつかないこともありますよね。そんな時は大きめのサブバックを用意しましょう。そして、パーティーバッグ以外の荷物はクロークに預けることも忘れないでくださいね。

NG!そのバッグは避けて

×ファー、アニマル、革素材
おめでたい席に殺生をイメージさせるものはいけません。

×カジュアルな素材
ビニール素材やニット素材などカジュアルな素材はNGです。シルクやサテン地などやや光沢感のある上品な見た目のものを選びましょう。

×紙袋
結婚式のゲストによく見かけるのが、パーティバッグとブランドネーム入りの紙袋の2個持ちをしている女性。確かに小ぶりのパーティーバッグに全ての荷物は入りきりません。ですが、結婚式に紙袋は絶対にNG。ブランド物の紙袋だからというものではなく、紙袋は紙袋です。マナー違反!

荷物が入りきらない場合はサブバックを用意しましょう。サブバックはパーティーバッグよりも大きめですから、荷物もしっかり入ります。そして、サブバックはクロークに預けます。必要なものはパーティーバッグに入れておきましょう。

冬の結婚式にふさわしい靴・ストッキング

結婚式ドレス冬

では、次は靴やストッキングのマナーをみていきましょう。

タイツ・黒ストッキングはNG

ストッキングでは薄くて寒いですよね。なのでタイツを履いていこう・・・それは絶対にNG。ドレス+タイツはカジュアルにあたりマナー違反になります。ドレス+タイツは一見お洒落なようですが、ニットワンピで出席しているのと同じことですよ。また、黒いストッキングも喪服を連想させるためNGとなっています。

ストッキングでは寒いという場合のおすすめの方法は会場までタイツで行き、トイレなどで履き替える方法、ストッキングの重ね履き、足裏のカイロです。見えない努力で冬の結婚式に参加しましょう。

冬の結婚式におすすめの靴

結婚式の靴はつま先の隠れるパンプスが基本です。ミュール、サンダル、はNG。冬だからとブーツやブーティーで結婚式に参加している人もたまに見かけますが、これはマナー違反。いくら寒いからといってもブーツはいけません。

つま先が隠れた3㎝以上のヒールの靴を履きましょう。素材は、エナメルが高級感がありお祝いの場にふさわしいでしょう。冬ならではの素材の靴がいいという人はスエードの靴もおすすめです。

ちなみに、結婚式の行きかえりの服装マナーはないので、寒い・雨が降っているなどの時はブーツやレインブーツなどを履いてもOKです。ただし、会場に着いたらパンプスに履き替え、脱いだブーツなどは紙袋などに入れ、コートとともにクロークに預けるようにしましょう。

結婚式のドレスや小物はレンタルがおすすめ

結婚式のお呼ばれマナー

みなさんは、結婚式の度にドレスを購入していますか?それとも同じドレスを着ていますか?体型がずっと維持できていれば同じドレスでも着れますが、体型が変わることでドレスを買い直さなければならないこともありますね。

また、今回のように冬に結婚式があるとどんな服装をしていいか分からない、買い直さなければならないなどという不安もレンタルドレスなら心配ありません。ドレスや羽織もの、シューズ、アクセサリー、バッグなどの小物などもレンタルできるので、買うより断然お得なんです。

【レンタルドレスはおしゃれコンシャス】
[Cariru]ブランドバッグ&アクセサリーレンタル

この二つは利用している人も多く、口コミもいいです。他にもドレスレンタルできる所はたくさんあるので、以下の記事を参照してください。

まとめ

ドレスもボレロも基本半袖なので、本当にこれでいいの?と不安になってしまう気持ちは分かります。冬の結婚式だからといって特別な服装マナーはありません。結婚式のマナーは季節問わず一緒です。

自分も、そして招待してくれた新郎新婦が恥をかかないようしっかりマナーを押さえておきましょう。以下の記事もおすすめです。

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

Linoの注目記事を受け取ろう

結婚式ドレス冬

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Linoの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

NON

NON

新卒から看護師として働いており、仕事も楽しく一生看護師として全うしようと思っていました。しかし、ある出会いで副業について知ることになりました。そして、一生看護師として働くことに疑問を持ってしまい、今は看護師休憩中。働いていた中での看護師の知識をはじめ、美容や健康など働く社会人に役立つ情報を発信します。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 仕事のし過ぎが過労死の原因になる?過労死の前兆をチェック!

  • 【出会いがない人必見】おすすめの出会いの場10選

  • 焼きそば麺のアレンジ!忙しい人へおすすめの簡単レシピまとめ20選

  • 2回目のデートを女性から上手に誘う方法!女性からデートに誘うのはあり!

関連記事

  • 脱毛サロンを徹底比較!あなたに合うサロンはどれ?

  • 女性ホルモンアップには彼氏が必要?!彼氏のキスで胸が大きくなる?

  • 霊芝が美容にいい?霊芝ってなんだ?

  • 留学のルームメイトに求めることは?こんなルームメイトには注意!

  • 好きな色3色で簡単ネイル!

  • いつまでも若く美しく!若く見える女性の特徴は意外な所だった!若さの秘訣は?