1. TOP
  2. ビューティー
  3. 冬はどういったスキンケアが効果的?冬におすすめのスキンケア方法

冬はどういったスキンケアが効果的?冬におすすめのスキンケア方法

ビューティー
この記事は約 8 分で読めます。 11 Views
冬スキンケア

日に日に気温が低下しきて、街並みもだんだんクリスマス使用になってきた今、寒い寒い冬を迎えようとしていますね。

寒くなってくると、お洋服の衣替えをする方が多いと思うのですが、皆さん、スキンケアの衣替えはもうお済ましですか?

実は、多くの女性が季節に応じてスキンケアを変えていません。今の時期であれば、暖房などの空調で、冬はかなり乾燥します。

決して夏と同じケアではお肌の水分量と油分量が足りなくなってくるのです。

ですから、今回はスキンケアをまだ変えていないと言う皆さんに、冬にすべきおすすめのスキンケア方法についてお話しさせて頂きます。

 

sponsored

冬に引き起こす肌トラブルとは?

冬スキンケア

「冬=乾燥する」と言うイメージをお持ちの方は多いと思うのですが、冬の肌トラブルは乾燥だけじゃありません。

一体どんなトラブルを引き起こすのでしょうか?詳しくお話させて頂きます。

 

乾燥・敏感

空気が乾燥するとともにお肌のバリア機能(外敵の刺激から守る機能)が低下するのでお肌が乾燥するようになります。

空気が乾燥していることでお肌の水分が低下していき、お肌に潤いがなくなってきます。

水分量が低下しすぎると次は乾燥から敏感肌になり、お肌がカサカサしたり、粉を吹いたり、化粧水を塗布した時に痛みを伴うようなヒリつきがあったりします。

乾燥肌をそのまま放っておくと乾燥性湿疹になることもあり、かゆみや、かぶれを引き起こす原因となるのです。

 

くすみ、くま

冬スキンケア

冬限定で末端冷え性になる方いませんか?

寒い時期だとなかなか汗もかきにくくなるので、純粋に体の代謝が低下します。

代謝が低下すると何が起こるのかと言うと、血の巡りが遅くなるので、顔色が悪く見えたり、くすんで見えやすくなります。

また、代謝が落ちることでクマが目立ちやすくなるので、顔色が悪く見えやすいのが冬なのです。

 

ニキビ、吹き出物

冬スキンケア

最初に言います、ニキビは過剰な皮脂生成だけが原因ではありません。

実は25歳以上になると、圧倒的に“乾燥ニキビ”の割合がグンとアップするのです。

ですから、ニキビが出来たからと言って皮脂を取り除くだけのスキンケアではほとんど意味がありません。

お肌が乾燥することで、外敵刺激からお肌を守ることが出来なくなり、炎症を引き起こし、ニキビになるのです。

ですから、25歳以降のニキビは乾燥ケアと角質ケアがマストになります。

 

冬の肌トラブルを防ぐオススメスキンケア方法とは

冬スキンケア

冬に引き起こしやすい肌トラブルについてお話させて頂きましたが、では、実際にどのようなケアを行えば悩みが解消されるのでしょうか。

トラブル別でオススメのスキンケア方法についてご紹介致します。

 

冬の肌トラブル:乾燥

冬スキンケア

冬になるとお肌が乾燥すると感じる方が急激に増えますが、“乾燥ケア”と言っても、対処法やケア方法は様々です。

まずは、どんな時に乾燥していると感じるのか、どの部分が乾燥するのかを思い出してみて下さい。

乾燥する部分やタイミングによってケア方法を変えなければ効果的とは言えません。

では、細かく乾燥についてのケア方法をご紹介致します。

 

  • 洗顔後に乾燥する

洗顔後にタオルで水をふき取った後にお肌がつっぱると感じる方は多いですよね。

実はその「つっぱる感覚」は、お肌の水分をそぎ落としすぎているお肌の悲鳴なのです。

その場合はクレンジング、洗顔を見直しましょう。

クレンジング後に洗顔をされている方、多いと思うのですが実際洗顔料は何も落ちません。

何も落ちないと言うと大げさですが、洗顔料で落とせる汚れは汗や埃などの水生汚れのみです。

汗や埃は水で落とすことが出来るので、特に必要性がありません。

そして、石鹸や洗顔料には界面活性剤が含まれていることが多く、界面活性剤はお肌の保護膜を傷つけてしまうので、乾燥肌の方にはあまりオススメではありません。

そこで、オススメなのはW洗顔不要のクレンジングです。

最近、「簡単で楽だから」と言う理由で使用されている方も多いと思うのですが、大正解です。

洗顔後につっぱる、乾燥する方にはW洗顔不要のクレンジングをお勧めします。

 

  • 朝起きたら乾燥する

朝起きて早々、粉を吹いていたり乾燥が気になる方は完全に夜のスキンケア不足です。

年中特にスキンケアを変えないと言う方も多いですが、夏と同じケアでは冬にはお肌の乾燥は限界を迎えます。

冬のスキンケアは正直、やりすぎくらいが丁度いいです。

朝起きて乾燥する方は、夜寝る前のスキンケアはベタベタ、ヌルヌルするくらいが丁度いいです。

季節ごとにスキンケアを変えるのが一番ですが、一式揃えなおすとなるとコストが…なんて方には、いつものスキンケアに美容オイルをプラスしましょう。

化粧水や美容液、乳液には含まれない保湿成分や有効成分がたっぷり配合されているオイル美容液を最後に塗布することで、お肌が柔軟になり、キメが整うので乾燥を防げますよ。

 

  • ファンデーションが乾燥浮きする

ファンデーションも、本来であれば夏用、冬用で買い替えて頂きたい所ですが、それではなかなかコストもかさみます。

ですが、夏と全く一緒ではスキンケアと一緒で乾燥します。

ファンデーションが乾燥浮きする方は同じアイテムでも使い方を少し変えてみましょう。

ファンデーションや下地は皆さん何でつけていますか?

指、ブラシ、スポンジなどツールは沢山ありますが、オススメはブラシです。

ブラシはファンデーションに含まれる油分や水分を吸収することなくそのままを表現できるので、ツヤが出ます。

そして、塗りすぎを防げるので今はやりのナチュラルスキンに仕上げやすいと言うメリットがあります。

 

冬の肌トラブル:くすみ、くま

冬スキンケア

くすみ、くまの大きな原因は代謝の遅れにあります。

遅れた代謝を早くするには、岩盤浴や運動なんでも良いので汗を出す努力をしましょう。

基礎代謝は筋肉量が低下すると下がります。

ですから、本当は運動で筋肉を鍛えるのが一番効果的です。

基礎代謝が上がると血液循環が良くなるので冷え、くすみ、くまなどに効果的です。

ただ、運動する時間が無い…なんて方にはマッサージクリームなどを使ってリンパに沿ってマッサージをすることをお勧めします。

タイミングとしてお風呂上りなど、体温の高い時にするのがオススメです。

 

冬の肌トラブル:ニキビ、吹き出物

冬スキンケア

20代前半にできるニキビであれば、クレンジングやピーリングなどで古い角質の除去、洗浄力の高いクレンジング剤などで防げますが、25歳以上の大人ニキビであれば、徹底的に保湿、これに限ります。

25歳以上のニキビは水分量の低下が殆どです。

ですから、化粧水を見直しましょう。サラサラすぎるテクスチャーの化粧水は一見お肌に浸透しているように見えますが、その分蒸発も速いのです。

冬はこってり、しっとりするテクスチャーの少し重ための化粧水をお手元で押さえ込むように塗布しましょう。

お肌が乾燥しやすい方はクリームやオイル美容液などで蓋をしてあげるともっと良いです。

 

まとめ

いかがでしたか。

肌トラブルを引き起こしやすい冬だからこそ、スキンケアを見直す必要があります。

ここで少しまとめてみます

  • 気温や湿度の低下で乾燥しやすい
  • 暖房で水分量が低下し乾燥する
  • 寒くなることで代謝が遅れ肌トラブルを起こしやすい
  • 寒さのストレスで肌荒れを起こしやすい

など、冬には様々な肌トラブルの原因があります。

それらを対処するにはスキンケアの見直しが必要不可欠です。

是非、正しいスキンケア方法と手順でこの寒い冬を乗り切ってくださいね。

ご参考にしてみて下さい。

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

Linoの注目記事を受け取ろう

冬スキンケア

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Linoの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

maimai

maimai

現在現役美容部員として勤務しています。
化粧品を全般に美容に関する知識や、美容部員として培った経験を元に皆様に分かりやすく楽しく発信しようと思っています。
また、エステティシャン経験もありますので、体の内側からからキレイになる方法なども併せてご紹介したいと思っています。

この人が書いた記事  記事一覧

  • スーパーフードとは?おすすめのスーパーフード10種類をご紹介!

  • 20代、30代、40代年代別!アイクリームの選び方

  • おすすめのアイクリームは?アイクリームの必要性も!

  • W洗顔不要クレンジングのおすすめは?プチプラ&人気はどれ?

関連記事

  • ミネラルの必要性は?私たちの体にミネラルは必要なの?

  • 簡単!ストライプネイルからシュガーネイル

  • 爪が汚い?!でこぼこした爪になっていませんか?

  • エステ脱毛と医療脱毛の違いとは?脱毛効果や費用の違いを徹底解剖!

  • 美脚に憧れる!!簡単に足首を細くする方法とは?

  • 【震撼】ファイトケミカルスがすごい!驚くほど良くわかるファイトケミカルスのまとめ。