1. TOP
  2. ビューティー
  3. ムダ毛処理を自宅で!どの方法が簡単でおすすめ?

ムダ毛処理を自宅で!どの方法が簡単でおすすめ?

ビューティー
この記事は約 9 分で読めます。 54 Views
ムダ毛処理自宅

夏に向けたムダ毛処理は完璧でしょうか?人に聞きづらいムダ毛処理をみんなどう行っているのでしょうか。

間違った処理方法は肌を傷つけてしまいます。潤いのある綺麗な肌を目指すにはどうしたらいいのか、肌が荒れてしまう原因と一緒にご紹介します。

 

sponsored

みんなの脱毛事情は?

ムダ毛処理自宅

ではみなさんムダ毛をどのように処理しているのでしょうか。

リビングくらしHOW研究所が女性1,094人を対象に行ったアンケートによると

  • 全部自己処理をしている人が約半数
  • 33.4%の人が部分的に脱毛をしているが自己処理もしている
  • 11.4%の人が全部エステやクリニックで脱毛済み

ということでした。

44.8%の人がエステやクリニックでの脱毛経験があるということがわかります。

年代別に見ると20~30代の女性は脱毛経験がある人が多く、50~60代の女性は自己処理の割合が高いだけでなく、ムダ毛処理をしないという回答も多いです。

自己処理に使用されているケアグッズはカミソリが多いですが、ワキは毛抜きやピンセット、口周りや顔は電気シェーバーを使うこともあるようです。

箇所によりばらつきはありますが、若い年代ほど自己処理の頻度は高いようです。

 

知ってた?脱毛・除毛・抑毛の違い

ムダ毛処理自宅

ムダ毛の処理方法は大きく3つに分かれています。

 

脱毛

脱毛とは主に永久脱毛のことを指していて、家庭でできず医療機関や美容皮膚科で行います。

残念ながら完全に永久脱毛をすることはできず、「最終脱毛から1か月後の毛の再生率が20%以下である脱毛法」が永久脱毛の定義となっています。

医療機関で行う医療レーザー脱毛では熱で毛根の細胞を破壊することでムダ毛の処理を行います。毛根を破壊することで、その毛根からは毛が生えてこなくなるという仕組みです。

エステサロンで行うエステ脱毛では、日本エステティック振興協議会により「細胞を破壊してはいけない」と明記されているため毛根の破壊ができず、永久脱毛とは言えません。

 

除毛

除毛とは表面に出てきた毛をその都度処理することです。

つまり家庭で行っているムダ毛処理はこの除毛に該当します。その都度処理する必要があるため頻度が高く、肌を傷つけてしまう可能性が高いです。

頻繁に処理するため面倒な一面はありますが、脱毛と違い痛みは少なくお金もたくさんかからないため、に手軽に行えます。

 

抑毛、減耗

抑毛(減耗)とは脱毛サロンや家庭用脱毛器で肌に生えているムダ毛を抜けやすくし、なおかつ徐々に本数を減らしていくという処理方法です。

毛根を完全に破壊はしませんが、専用のフラッシュやジェルにより働きを抑制して毛を細くしたり、毛の生えてくる頻度を抑えることができます。

エステサロンなどで行う脱毛はこの抑毛の効果があります。しかしこれでは、完全にムダ毛をなくすことはできず、最も減らす方法は医療機関でのレーザー脱毛ということです。

 

あなたはどれ?一番いいムダ毛処理方法

ムダ毛処理自宅

1.カミソリ

最も一般的な処理方法であり、身体を温めてから乾いた肌にシェービングクリーム等保護クリームを塗り、毛の流れに沿って優しく剃ります。

カミソリは最もコスパの良い処理方法で、100円ショップなどでも気軽に購入することができます。

ただ、肌に触れる部分が多いため肌を痛める可能性も高いです。剃る前に保護クリームを塗るのはもちろん、アフターケアもきちんと行わないとカミソリ負けをして肌を傷つけてしまう恐れがあります。

 

2.毛抜き

ムダ毛処理自宅

カミソリと同じく肌を温めた状態でピンセット等を用いて行います。

毛根から抜くことができるため仕上がりがきれいになり、生えてくるまで少し時間がかかるため頻度も少なく済みます。

本数や部位にもよりますが、一本ずつ抜いていくためとても手間がかかります。埋もれ毛や炎症等の皮膚トラブルも起きやすいため、アフターケアが必須です。

 

3.電気シェーバー

電気シェーバーは肌に垂直に軽く押し当てて、毛の流れに沿って動かすだけで処理することができます。

カミソリとは違い、肌に傷をつけるリスクが低く、保護せずに処理できるためいつでもすぐにムダ毛処理ができます。

バッグなどで持ち運びができるサイズも出回っているため、気づいた時にすぐ除毛することができます。

肌に優しい分、深剃りもできないため、すぐに生えてきてしまう他、仕上がりに満足できない恐れもあります。

もっと深く剃ろうとするあまり、けがや肌荒れを起こす可能性もあるため、取り扱いには注意し、アフターケアもしっかり行いましょう。

 

4.脱毛クリーム

ムダ毛処理自宅

脱毛クリームとは、肌にクリームを塗ってムダ毛を溶かして行う処理方法です。アルカリ性の成分が含まれており、ムダ毛を溶かして行う除毛方法になります。

入浴後に温まった脱毛部位にまんべんなくクリームを塗り、5~10分ほど放置してクリームを十分に洗い流す(拭き取る)だけで完了します。

手間がかからず、広範囲にも簡単に使用できます。肌が傷つきにくく、根元部分が肌に残らないため黒いぽつぽつが残らずに綺麗な肌になります。

一方で刺激が強いため顔やデリケートゾーンなど、粘膜に近い部位には使用できません。肌が弱い人は肌荒れしてしまう可能性もあるため、事前のパッチテストは必ず行うようにしてください。



5.ワックス脱毛

ワックス脱毛とは、脱毛専用に作られたワックスを温めて肌に塗り、毛とワックスがくっついたところを一気に剥がして処理する方法です。

毛根から抜くため他の処理方法に比べて長期間の除毛ができ、毛根を弱らせることができるため徐々に生えてくるスピードも遅くなる可能性があります。

値段もお手軽なため、頻度を抑えるには最適な方法です。

しかし、毛を引っ張るので当然痛みが生じます。肌への負担もあるため、肌が弱い人や痛みに弱い人にはオススメできません。

7495

6.脱毛テープ

ムダ毛処理自宅

処理したい部分にテープを貼って剥がす、ワックス脱毛と近い処理方法です。

カミソリなどと比べると全体的にきれいな仕上がりにできます。広範囲でも短時間ででき、洗い流す手間などもありません。

剛毛の場合はうまく貼れず、抜ききれない可能性が高いです。ただし、こちらも痛みが強いため、注意が必要です。

 

7.家庭用脱毛器

最近では家庭用脱毛器も人気があります。

少々お値段は張るものの手の届かないほどではなく、サロン脱毛のような効果が期待できます。やり方は処理したい部分に光やレーザーをあてるだけです。

サロンやクリニックへ通うよりは安く済ませることができ、家にいながらできるため非常にお手軽です。

家庭用に作られた製品のためサロンよりは脱毛効果が低く、照射部位が狭い製品が多いため全身の脱毛をするには少し時間がかかります。

効果が低いためサロンへ通うよりも長期間での脱毛が必要です。また使用方法に気を付けないとやけどやケガの恐れもあります。

 

8.脱毛石鹸

ムダ毛処理自宅

脱毛石鹸とは毛を溶かしてしまう成分やムダ毛の育成を抑制する成分の含まれた石鹸です。使用し続けることで緩やかではありますが抑毛効果が期待できます。

体質により肌トラブルの恐れがあります。顔やデリケートゾーンには刺激が強すぎるため、粘膜部位には使用できません。

 

ムダ毛処理後の肌荒れが悩み

ムダ毛処理自宅

ムダ毛を自己処理したら肌がざらざらしたり、赤みを帯びてしまう人もいるのではないでしょうか。

自宅でできるムダ毛処理の多くは「肌の水分や皮脂」を失ってしまいます。バリア機能が低下し、乾燥や肌荒れを引き起こします。

更にカミソリや毛抜きは肌を傷つけてしまうこともあり、そこから侵入した雑菌で肌にぽつぽつと毛嚢炎などができてしまうこともあります。

肌荒れを防ぐためにはカミソリやピンセット、薬剤を使わないことが一番です。しかし自己処理をする人の多くはカミソリを使わないというのは難しいでしょう。

正しいムダ毛処理をすることで少しリスクを下げることができます。

 

①カミソリ

まず身体を温めて毛穴をしっかり開いた状態でシェービングジェルやワセリンなどで肌の滑りをよくしましょう。

逆剃りは肌を傷つけるので順剃り(毛の流れに沿って剃る)をすることも大切です。石鹸の泡をシェービングジェルの代わりにすると必要な油分までなくなってしまうので気を付けましょう。

 

②薬剤

薬剤を用いた処理の際は必ずパッチテストを行います。10円玉ほどのクリームを塗り24時間様子を見て赤みやかぶれなどの反応がなければ使用できます。

使用上の注意などもよく読んで理解してから使用しましょう。

ムダ毛が隠れるくらいたっぷりと塗り、使用後はボディソープでしっかりと洗い流すことが大切です。

 

③ワックス・テープ

ワックス脱毛や脱毛テープを使用する際は事前にベビーパウダーを塗るなどして肌への刺激を軽減させましょう。

剥がすときには毛の流れに逆らって低い角度で思いっきり引っ張ります。使用後1~2時間は赤みが出やすいので冷たいタオルや保冷剤で冷やしましょう。

特に処理後の肌の保湿をしっかりと行うことが大切です。保湿をすることは肌に潤いを与えるだけでなく、炎症を抑え毛穴を引き締める効果もあります。

また、肌に合わない処理方法を続けていると色素沈着などが起きてしまう可能性もありますので気を付けましょう。

 

ムダ毛処理で黒ずみが!

ムダ毛処理自宅

カミソリや毛抜きによるムダ毛の処理が原因で黒ずみができてしまう可能性があります。一番大きな要因は頻繁に抜いたり剃ったりすることで強い刺激を与えてしまうことです。

黒ずみの原因はメラニンの色素沈着です。強い刺激を受けたことで刺激から身を守ろうとする働きがメラニンの活動を活発化してしまうのです。黒ずみとは皮膚を守るために活躍していたメラニン色素なのです。

脇などの薄くデリケートな部分は肌を守るために太い毛が生えてしまっています。そのためカミソリや毛抜きによるダメージを受けやすいため、黒ずみもできやすいのです。

汗や汚れなどを放置すると汚れが毛穴に溜まってしまい、色素沈着してしまう恐れもあります。古い角質も毛穴に残ってしまうため、汗ふきウェットティッシュなどで清潔な状態を保つことがポイントです。

制汗スプレーは毛穴をふさいでしまうため、汗を抑える成分が毛穴の入り黒ずみの原因となることもあります。

黒ずみを改善する一番の方法は自己処理をしないことですが、気になる部分なのでクリニックやサロンでの脱毛や、自己処理なら電動シェーバーを用いたほうがいいです。

生理前や妊娠中など女性ホルモンのバランスが乱れている間も自己処理は避けた方がいいでしょう。

 

まとめ

間違った自己処理は肌への負担も大きく、黒ずみの原因となることもあります。

美肌を保ちながらムダ毛のないつるつるの素肌にするためには、正しいアフターケアでしっかり肌を保湿しながら行うようにしましょう。

美肌になるには以下の記事もおすすめです!

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

Linoの注目記事を受け取ろう

ムダ毛処理自宅

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Linoの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

アンズ

アンズ

2人の娘を育てる専業主婦です。家に居られるうちにいろんな知識をつけたくて美容や節約など様々なジャンルを勉強中。みなさまのタメになる情報をお届けします!

この人が書いた記事  記事一覧

  • ナイトブラのバストアップ効果とは?いつから効果がでるの?

  • セルライトは運動で落ちる?効果的なセルライトの落とし方

  • セルライトエステは何回で効果を実感できる?

  • セルライトを自宅で簡単に除去する方法10選

関連記事

  • 【震撼】ファイトケミカルスがすごい!驚くほど良くわかるファイトケミカルスのまとめ。

  • フレンチネイルを簡単に!

  • おばさん化女子になってない?おばさん化女子がみせるサインとは

  • 【目指せピュア肌】乾燥肌や敏感肌におすすめの泥洗顔

  • 目指せ美髪。女性は髪の毛にどんな悩みを抱えている?

  • 美肌菌を増やす方法は?美肌菌で美肌になろう!