1. TOP
  2. 看護師
  3. 漿膜

漿膜

看護師
この記事は約 1 分で読めます。 296 Views

漿膜とは、腹膜、胸膜、心膜などの内面や内臓器官の表面をおおう薄い半透明の膜のことである。これらの漿膜により、中の臓器(腹腔、胸腔、心臓)は守られています。

漿膜の表面には、漿液を分泌されています。これは、筋運動による摩擦から臓器を守るために分泌されています。

漿膜がない臓器→食道

 

 

Sponsored Link



 

Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

NON

NON

新卒から看護師として働いており、仕事も楽しく一生看護師として全うしようと思っていました。しかし、ある出会いで副業について知ることになりました。そして、一生看護師として働くことに疑問を持ってしまい、今は看護師休憩中。働いていた中での看護師の知識をはじめ、美容や健康など働く社会人に役立つ情報を発信します。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 仕事のし過ぎが過労死の原因になる?過労死の前兆をチェック!

  • 【出会いがない人必見】おすすめの出会いの場10選

  • 焼きそば麺のアレンジ!忙しい人へおすすめの簡単レシピまとめ20選

  • 2回目のデートを女性から上手に誘う方法!女性からデートに誘うのはあり!

関連記事

  • 新人ナース必見!!新人ナースにぴったりの転職サイトまとめ

  • 看護師に美人が多い理由とは?マスクやナース服の効果はいかに?!

  • PaO2

  • 【もうやめたい!】と考えている新人ナースへアドバイス!!

  • 看護師が理想とする結婚相手は?警察や消防士がベスト?

  • 高二酸化炭素血症