1. TOP
  2. 看護師
  3. 漿膜

漿膜

看護師
この記事は約 1 分で読めます。 223 Views

漿膜とは、腹膜、胸膜、心膜などの内面や内臓器官の表面をおおう薄い半透明の膜のことである。これらの漿膜により、中の臓器(腹腔、胸腔、心臓)は守られています。

漿膜の表面には、漿液を分泌されています。これは、筋運動による摩擦から臓器を守るために分泌されています。

漿膜がない臓器→食道

 

 

Sponsored Link



 

Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

NON

NON

新卒から看護師として働いており、仕事も楽しく一生看護師として全うしようと思っていました。しかし、ある出会いで副業について知ることになりました。そして、一生看護師として働くことに疑問を持ってしまい、今は看護師休憩中。働いていた中での看護師の知識をはじめ、美容や健康など働く社会人に役立つ情報を発信します。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 浴衣に合う簡単髪型!自分でできる浴衣髪型アレンジ集20選

  • 綺麗な爪を目指すあなたに。ネイルリペアセラムをおすすめする理由や口コミをご紹介

  • ファッションレンタル比較【女性用】おすすめの可愛いファッションレンタルは?

  • 崩れにくいメイクの方法は?1日キレイなメイクを保つ方法

関連記事

  • 急性膵炎ってとっても怖い?!急性膵炎について詳しく知ろう

  • 高二酸化炭素血症

  • SaO2

  • 看護師不足を解消?!再就職しやすい環境がありますよ

  • 気管切開の看護は?合併症やメリット・デメリットについて

  • 人工呼吸器離脱(ウィーニング)・抜管について知りたい!!