1. TOP
  2. ビューティー
  3. 【驚愕】シミはなぜできる?シミの効果的な予防と対策

【驚愕】シミはなぜできる?シミの効果的な予防と対策

ビューティー
この記事は約 11 分で読めます。 16 Views
シミ出来る理由

年を重ねるにつれて顔のあちこちにできるシミに悩まされることが多くなりますよね。一度できてしまうとなかなか消すのが難しいシミ。そのシミができる原因の多くは紫外線なのです。

紫外線対策をすることはもちろん、毎日の食事やスキンケアでもシミは予防できます。出来てしまったシミへの対策も含めてご紹介します。

 

sponsored

シミはなぜできるの?シミ発生の仕組み

シミ出来る理由

皮膚は表皮とその内側にある真皮からできています。表皮の一番内側の層にメラノサイトという色素細胞があり、紫外線を浴びるとメラノサイトはメラニンという色素を発生させます。

表皮の大部分にはケラチノサイトという表皮細胞があり、メラノサイトで作り出されたメラニンがケラチノサイトに受け渡されることで紫外線から核細胞を守る働きをします。

このときメラニンの量が増えすぎるとケラチノサイトで色素沈着が起こってしまい、シミの原因となってしまいます。

皮膚の細胞は約28日周期で新しい細胞に生まれ変わるターンオーバーをしています。内側に近いケラチノサイトが細胞分裂して古い細胞を押し上げ、表面の細胞をアカとして排出する働きです。紫外線を浴びて発生したメラニンもこのとき一緒に排出されていきます。

このターンオーバーのサイクルは強い紫外線を長時間受けることで肌がダメージを受けたり、加齢などで肌が老化し、働きが低下することにより遅延することがあり、メラニンが排出される機会を失うことで色素沈着してしまい、シミとなって表れてしまうのです。

 

シミの原因は紫外線が主!

シミ出来る理由

肌が老化し細胞の働きが弱くなることでメラニンが排出しづらくなり、色素が溜まりやすくなります。
そこに多量の紫外線を浴びてしまうことがシミができてしまう原因です。

肌の老化も紫外線、メラニン色素を大量に生成してしまうのも紫外線のため、シミの原因のほとんどは紫外線が原因なのです。

他にも炎症やニキビなどの肌トラブルや女性ホルモンの増加による影響、ストレスやたばこなどで発生する活性酸素などもメラニンの増加の要因となります。中でも意外なことは、シミの原因は食べ物にも関係しているということです。

 

シミを悪化させる食べ物

①白砂糖
白砂糖の主成分であるショ糖は活性酸素を発生させ、肌の老化を引き起こします。
シミだけでなくしわやたるみの原因となり、がん細胞のできやすい体内環境へと変化もさせてしまいます。

②カフェイン
カフェインは過剰摂取してしまうと睡眠不足や血行不良の原因となります。睡眠不足は肌トラブルの原因となるだけでなく、肌のターンオーバーの遅延をもたらすこともあります。血行が悪くなることで肌が乾燥し、ダメージを受けやすい状態になってしまいます。

また、過剰摂取することでメラニンを移動・拡散する働きもあり、シミを拡大させ濃くしてしまう恐れがあります。

③レモン
レモンにはビタミンCが含まれていてお肌にはとてもいい食品です。しかし、ソラレンという紫外線を吸収しやすくしてしまう成分が含まれているため、朝摂取してしまうと紫外線を吸収しやすい状態にしてしまいます。

レモンを食べてから2時間はピークで、その後も最長で5時間効果が効いてしまうため、朝に摂取するのは避けるようにしましょう。

他にもさつまいも以外のイモ類やマーガリン・バター、加工肉や乳製品などもシミを増やす原因となりやすい食材です。過剰なダイエットや外食続きなど偏った食生活もできる限り避けることが無難です。

 

シミの種類は?

シミ出来る理由

シミには大きく分けて6種類あり、それぞれ原因が異なります。

 

1.日光黒子(にっこうこくし)

大多数がこのタイプで、老人性色素斑とも呼ばれています。紫外線を浴びることで皮膚内にメラニンという色素ができます。そのメラニンが肌に沈着することでできるシミです。

淡褐色~濃褐色の色素斑で、特に中年以降に増えますが、若い人にも発生します。長時間日光に当たる部位にできやすいため、顔や腕に多くできやすいです。

 

2.雀卵斑(じゃくらんはん)

直径数ミリ以下の茶褐色の小さな斑点で”そばかす”のことです。頬や鼻などにブツブツと発生します。

遺伝性が高く、3歳頃~思春期にかけて見られるようになります。

 

3.炎症後色素沈着

やけど、にきび、虫刺され、肌トラブル等の炎症が治まった後にできる褐色の色素沈着です。皮膚の炎症によりメラのサイト活性化因子が産生され、シミの原因となります。

年齢、性別、部位は関係なく、時間とともに薄くなる可能性があります。

 

4.肝斑(かんぱん)

女性に多く、女性ホルモンが原因となり発症するため妊娠斑とも言われています。妊娠や経口避妊薬により悪化することもあります。

薄い褐色で頬骨に沿って左右対称にできることが多く、額や口周りにもできやすいです。高齢者にはほとんど見られず、レーザー治療で悪化する可能性もあります。

 

5.脂漏性角化症

1の日光黒子ができてから時間が経ってしまい濃くなったり広がったりし、さらに放置していると皮脂が混ざり平らだったシミがいぼのように出っ張ってしまったものです。

美白化粧品はほとんど効果がなく、レーザー治療で除去することができます。

 

6.花弁状色素斑

紫外線を浴び続けることで広範囲に点状のシミができてしまいます。
美白化粧品はほとんど効果がなく、レーザー治療で除去することができます。

 

シミとそばかすって違うの知ってた?

シミ出来る理由

シミの種類でも紹介しましたが、そばかすとの大きな違いは遺伝性であるかどうかです。

そばかすは1~4mm程度の茶色の斑点で、鼻から頬にかけて左右対称に現れることがほとんどです。顔以外では紫外線を受けやすい部位に発生しやすく、紫外線により悪化していきます。

しかしシミとは違い、加齢とともに薄くなっていくのが大きな特徴です。

そばかすはシミと同じとは言えませんが完全に別物というわけでもなく、あくまでもシミの種類の一種というようなものです。

 

シミを放置すると大変なことに!

シミができてしまった部分は褐色に変色してしまうため他の部分に比べてより紫外線を吸収しやすい状態になっています。

紫外線を多く吸収する=メラニンのさらなる生成によりシミの部分が拡大し、色もより濃くなってしまうこともあります。

さらに放置しておくとイボのように突出する「脂漏性角化症」や、うろこ状やかさぶたのようになる「日光角化症」となることもあります。

 

シミの種類でも記載した通り脂漏性角化症は美白化粧品などは効果がなく、レーザーによる治療が必要となります。日光角化症は皮膚がんのもととなることもあり、とても危険です。

たかがシミと思っていても、シミに似ているだけで重篤な病気が潜んでいる可能性もあります。胸やお腹、背中など普段紫外線を浴びにくい部分にシミができ、ただれたり盛り上がってきたり発熱などの症状が出た場合はすぐに専門の医療機関を受診した方がいいでしょう。

 

シミはこうやって予防する!

1.紫外線対策

シミ出来る理由

季節や天気にかかわらず1年通してずっと紫外線は出ています。屋外はもちろんのこと、屋内にも紫外線は入り込んできます。

1番効果的な紫外線対策は用途に応じた日焼け止めを1年中塗ることです。SPFやPAの数値の高い日焼け止めはもちろん紫外線のカットには有効的ですが、同時に肌への負担も大きいです。

日常生活ではSPFは5~10のもの、買い物や通勤程度の外出であれば10~20、レジャーやスポーツの際は30以上のものを選ぶなど、使い分けることが大切です。

日焼け止めは摩擦や汗で少しずつ効果がなくなっていくため、身体を動かすときには1~2時間おき、それ以外では2~3時間おきに塗りなおすと効果が持続しやすいです。

 

シミは顔だけでなく全身にできてしまいます。特に手の甲やデコルテなどの紫外線を浴びやすい部分はシミができやすいため、帽子や日傘、長袖の上着などで肌の露出面積を抑えることも大切です。

目から入る紫外線も目にダメージを与えるだけでなく、全身のメラニン生成に影響を与えるため、サングラスも全身のシミ対策に有効です。

サングラスはグラデーションになっていない、できるだけ均一に色のついているものがアスファルトからの照り返しの紫外線もカットしてくれるため、選ぶ基準にしてください。

【おすすめ記事】
お肌に優しい?!オーガニック日焼け止めの選び方とおすすめ10選
敏感肌におすすめ!ノンケミカルの日焼け止めおすすめ6選

 

2.スキンケア

シミ出来る理由

肌トラブルが起きている状態や、乾燥などで肌トラブルの起きやすい状態はバリア機能の低下や肌の老化、ターンオーバーの遅延に影響を与えてしまいます。最も大切なことは乾燥を防ぎ、バリア機能を低下させないことです。

1日の終わりにはきちんとクレンジングでメイクを落とし、泡で優しく洗浄、タオルで押さえるようにして水分を拭き取り、化粧水を浸透させ、クリームや乳液で蓋をしてしっかりと保湿をしましょう。

使用するスキンケア用品もシミができる前から美白化粧品のものを選ぶことでシミ予防に繋がります。

 

特に日焼けをしてしまった後は、いきなり化粧水を塗るのではなく冷水や冷やしたタオルで日焼けした部位を冷やし、熱を取り除くことが大切です。

日焼けはやけどと同じなので、美容成分の高いスキンケア用品よりも敏感肌用など肌への刺激の少ないものを選ぶようにしましょう。

油分の多い保湿クリームも避け、翌日からは美白効果のある物を使ってシミを予防するようにしましょう。

 

3.食生活

シミ出来る理由

シミ対策に効果のある栄養素を多く含んだ食材を意識して摂り入れるようにしましょう。特に効果があるとされている成分は、ビタミン類です。

ビタミンCにはメラニンの生成を抑制する働きがあります。ビタミンCを含んでいる果物や野菜を熱を加えずに摂ることでシミの予防に効果を発揮します。

ナッツ類などに含まれるビタミンEも抗酸化作用と代謝を高めて色素沈着を防ぐ働きがあります。ビタミンB2は新陳代謝を高め、ビタミンB6は皮膚の再生を促進します。

水溶性のものが多く身体の中にとどめておくことができないため、継続して摂取していくことが大切です。普段の食事から摂ることができるといいですが、足りない分はサプリメントなどで補っていくのもいいでしょう。

【おすすめ記事】
サプリメントの効果的な飲み方は?ビタミン剤っていつ飲めば効果的?
美白サプリのおすすめランキング!優秀な美白サプリはどれ?

 

4.睡眠

シミ出来る理由

ストレスがたまると体内の活性酸素が増え、メラニンの生成を活発化させてしまいます。睡眠は成長ホルモンを分泌させ新陳代謝を高めたり、肌のダメージの修復をしてくれます。

特に22時~2時はゴールデンタイムとされ、少しでも多くこの時間に睡眠をとると肌へいい影響を与えてくれます。

ただ寝ればいいということでもなく、特に睡眠後3時間を熟睡することでより多くの成長ホルモンを分泌してくれます。パソコンや携帯などのブルーライト、テレビなども寝る前は避けることが熟睡へのポイントになります。

寝つきの悪い人は寝る前に牛乳を飲んだり音楽を聴いたりすると精神が落ち着きリラックスした状態になるのでオススメです。

 

有効なシミ対策とは?シミは消えるのか?

シミ出来る理由

薄いシミやできたばかりのシミはきちんとケアすることでほとんど見た目ではわからないくらいに目立たなくすることができます。

しかし、濃いシミをセルフケアで消すことはできません。そういった場合は専門医を受診して治療を受けることをオススメします。

 

シミのタイプ別対策方法

1.老人性色素斑
シミにざらつきや厚みのない老人性色素斑は、出来たばかりであればほとんど消すことも可能です。
美白化粧品を使用し、メラニンの生成を抑制することで効果が期待できます。

2.脂漏性角化症
対してざらつきや厚みのある脂漏性角化症には美白化粧品は全く効果がありません。
そういったタイプのシミには専門医で処方してもらえる外用薬や内服薬の薬、レーザー治療などで対策する必要があります。

3.肝斑
肝斑には美白化粧品が有効で、トラネキサム酸を内服することでより高い効果を実感できます。
医療レーザー治療には不向きで悪化する恐れもあります。

4.炎症後色素沈着
肌トラブルから色素沈着してしまった場合も美白化粧品が有効です。
ビタミンC誘導体を多く含んだ化粧品などを使用して薄くしていきましょう。

 

シミを消す効果の期待できる成分

①ハイドロキノン
シミ消し薬とも呼ばれるほど強い効果を持っている反面、肌への刺激も強く肌トラブルの原因ともなる強力な成分です。ハイドロキノンを含んだ化粧品も販売されています。

②アルブチン
ハイドロキノン誘導体のことです。
メラニンの生成を抑制する働きを持ち、ハイドロキノンよりも肌への刺激が少なく、医薬部外品の有効成分としても承認されています。

③ビタミンC誘導体
高い抗酸化作用を持ち、コラーゲンを増やしたりキメを整える効果もあるため、シミへの対策だけでなく美肌効果がとても高いです。
ビタミンCを肌へ浸透しやすくしたもので、美白効果も期待できます。

 

出来てしまったシミを消したい、というのは誰もが思うことですが、シミを消すのは大変なことです。
シミは普段から作らないよう意識して生活することがなにより重要なのです。

 

まとめ

一度できたシミを薄くするのはとても大変なことです。

普段から紫外線対策や食や睡眠などの生活習慣の改善をしっかり行い、少しでもシミのできにくい状態に肌を整えてあげることが大切です。

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

Linoの注目記事を受け取ろう

シミ出来る理由

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Linoの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

アンズ

アンズ

2人の娘を育てる専業主婦です。家に居られるうちにいろんな知識をつけたくて美容や節約など様々なジャンルを勉強中。みなさまのタメになる情報をお届けします!

この人が書いた記事  記事一覧

  • ナイトブラの選び方は?選び方で効果が全然違う!

  • ナイトブラのバストアップ効果とは?いつから効果がでるの?

  • セルライトは運動で落ちる?効果的なセルライトの落とし方

  • セルライトエステは何回で効果を実感できる?

関連記事

  • セルライトは運動で落ちる?効果的なセルライトの落とし方

  • 目指せ美髪。女性は髪の毛にどんな悩みを抱えている?

  • 40代でも大成功!40歳から始めるダイエット方法

  • セルライトエステは何回で効果を実感できる?

  • サプリメントで健康被害?!サプリメントって体に悪いの?

  • 簡単早い!二の腕セルライトを解消する方法!すっきり細い二の腕を手に入れよう!