1. TOP
  2. ライフスタイル
  3. お金が貯まる生活!今の生活習慣を変えるだけで何万円もお得に!

お金が貯まる生活!今の生活習慣を変えるだけで何万円もお得に!

ライフスタイル
この記事は約 17 分で読めます。 159 Views
お金を貯める

将来のために貯金をしておかなければならない、と思っているにもかかわらず、なかなか貯金をできないという人もいれば、堅実に毎月貯金をしている人もいます。実は、お金が貯まる人と貯まらない人には違いがあります。

お金を貯めれる人になるには生活習慣を変えるのが大事だと言われています。生活習慣を変えることで、将来のための貯金ができるとしたら・・・少しずつでも変えてみようかなと思いませんか。そこで今回は「お金が貯まる暮らし方」について見ていきたいと思います。

 

sponsored

目次

お金が貯まる人と貯まらない人の違いは?

お金を貯める

貯まる人 貯まらない人
必要なものを買う 欲しいものを買う
水筒を持ち歩く 自販機・コンビニ
自炊 外食、総菜
毎月天引きで貯金 毎月余った分を貯金
小さな手数料を気にする 小さな手数料を気しない
家が整理整頓されている 家の中が雑然としている

お金が貯まる人、たまらない人の違いをおおまかに挙げてみました。「お金をちゃんと貯めよう」と意識して行動していればお金を貯められる人になるはずです。お金を貯めるには小さな積み重ねが大事。

また、貯蓄額は年収に比例するとは限りません。収入が多くても貯まらない人はたくさんいますし、収入が少なくても貯まる人はたくさんいます。貯まる人になるためには、お金の使い方をしっかり考えねばなりません。

自分の収入にあったお金の使い方をすること、後に貯蓄ではなく先に貯蓄すること、支出を把握することが大事です。収入が多ければ出費も多めになり、お金がたくさんあるという余裕からお金を遣いきってしまうこともあります。そのため、収入が多くても貯蓄ができているとは限らないのです。

また、小さな手数料を気にしているかもポイント。例えばお金が貯まる人はATMの手数料を気にしますが、たまらない人は時間関係なくお金をおろします。一度の手数料は数百円だとしても毎回それをしていれば大きな金額になってきます。一回の出費ではなく、トータルの出費として考えるようにしましょう。

結局はお金を貯めたければ考え方と行動を変える必要があります。では、毎日の生活の中でお金を貯められるようにする方法をみていきましょう。

 

自炊をしてお金を貯めよう

お金を貯める

一人暮らしなら自炊した方がお金がかかるということもありえます。例えばニンジンなら3本入りで売っているので一人分だと使い切らず、結局食費の無駄・・・ということも。また、冷蔵庫の中身を把握できていないことで腐らせてしまう、なんてことも。ですが、お金が貯まる人になるためにはやり方次第!

冷蔵庫の見直しをしよう

お金を貯める
出典:RoomClip

一人暮らし用の小さな冷蔵庫に場所関係なくなんでもいれてると、どこに何があるか分からなくて冷蔵庫を開ける時間が長くなったり、賞味期限切れのものがでてきたりということになってしまいます。食費を無駄にしているのと同じことになってしまいますので、置き場所のルールを決めて廃棄をゼロにしましょう。

ダイソーなどの100均で購入できるケースでドリンク・食材などとまとめればすっきりしますし、1段目にはこれを置く、と決めておけば冷蔵庫の中身が一目瞭然。これで食材も無駄にならず、同じものを買ってしまうということも防げます。

 

冷凍庫は保存容器で仕切ろう

お金を貯める

出典:住まいのフレスコ

冷凍庫を使う際、ついつい上に重ねていませんか。そうするといつのか分からないものがでてきてりするんですよね。それを避けるために保存容器を利用しましょう。冷凍庫も100均の容器で整理整頓することができます。

お肉など安い日に購入した際は、下味をつけてジップロックで冷凍すれば野菜などを加えるだけで料理OK。節約・時短になります。野菜も使い切れないなと思った時は冷凍してしまいましょう。使う大きさに切って冷凍しておけばお肉と焼くだけで一品作ることができます。ただ、冷凍した場合は期限内に使い切るようにしましょう。

●野菜:1~2ヶ月
●肉:1ヶ月
●魚:1ヶ月

【関連記事】
【これで保存マスター】知らないと損をする?!食品の保存方法

 

夕飯を先取り冷凍でお弁当に

お金を貯めるにはお弁当作りも欠かせません。お昼ご飯を外食にした場合500~1000円(20日で計算10,000~20,000円)、コンビニ弁当500~700円(10,000~14,000円)、お弁当の場合300~350円(6,000~7,000円)とかなりの差がでてくる結果になります。

お弁当を作るとなると朝から作るのはしんどいから冷食に・・・といっても冷食も結構高くつきます。そこで、夕飯を利用。次の日に夕飯の残りをつめるのもいいですが、そうすると楽しみもなくなるので、冷凍しておき、別の日に使うようにしましょう。アレンジできる食材であれば、安上がりで楽しみも倍増!

【関連記事】
【めっちゃ楽!】お弁当おかず冷凍保存レシピ

 

乾物をうまく使おう

肉や野菜が高いという時に便利なのが切り干し大根、ひじき、春雨などの乾物。値段の変動がほとんどないので、野菜や肉が高いという時に便利。これらの食材、実はアレンジ自在です。いろんなレシピにアレンジできるので、飽きもせず節約もできるという優れものです。

 

いつもの食品をプライベートブランドに変更しよう

プライベートブランド(PB)とは、小売店・卸売業者が企画し、独自のブランドで販売する商品のことをいいます。イオンならトップバリュの商品などがあります。プライベートブランドは、安いけど美味しくないと思っている人もいるかもしれませんが、そんなことはありません。

メーカーに特にこだわりがないのであれば、プライベートブランドに変更するだけでかなり食費を抑えることができます。

 

賢く買い物をしてお金を貯めよう

お金を貯める

お金を貯めるには買い物の仕方もコツがあります。なかなか意識しませんが、いくつかの点をおさえるだけで自然とお金が貯まる買い物ができます。

 

割引の日やポイントアップ日を狙おう

5%割引やポイント2倍の日に合わせて買い物に行くだけで、かなりお得に買い物ができます。たかがポイントと侮ってはいけません。年間1万円くらいは変わってくることもあるので、ハッピーデーを見逃がさないようにしましょう。

行きたいときにスーパーに行くことが当たりまえになっている人が多いですが、賢く買い物するだけでお金を貯めることができますよ。

 

満腹時に買い物しよう

仕事終わりなどお腹が減っている時に買い物に行くとついつい物を多く買ってしまいがち。なんでも食べれる・食べたい気持ちになっているためです。そのため、買い物する時はご飯を食べた後がおすすめ。

お腹がいっぱいなら余計な飲み物やお菓子を買わなくて済みます。実際に私も試してみましたが、空腹時に行くより買う料は明らか。空腹時は甘いものを特に買ってしまいがちです。満腹時の買い物試してみてください。

 

目先のお得感に騙されないようにしよう

お金を貯める

買い物に行ったときに、1個で100円のニンジンと、3個で200円のニンジンであれば、ついつい1個あたりが安い200円のものを買ってしまいますよね。しかし、一人暮らしにありがちなのが、食材が余ってしまうというもの。

3本も食べきれず、結局は捨ててしまうのであれば節約になっていません。自分が食べきれる分を買うようにすることが大事。上記の場合だと、1本が100円でも食材を無駄にしてしまうことを考えたら+100円。目先のお得感に捉われないようにしましょう。

 

生活必需品はネットで買おう

トイレットペーパーやお米、洗剤などはスーパーやドラッグストアで買うことが多いでしょうが、そうすると持って帰るのが一苦労ですよね。そこでおすすめなのがネット通販。

ヤフーショッピングだと、5のつく日はTポイントが5倍だったり、Amazonだと定期便が10%オフとお得。何より自宅に運んでくれるのでラクチンです。生活必需品は、時短・節約・楽の3拍子が揃うネット通販利用してみてください。

 

クレジットカードでお得に買い物しよう

私がそうだったんですが、クレジットカードを使うと使いすぎてしまうのではないかという思いがあり、毎回現金派でした。ですが、クレジットカードで見逃せないのが毎回の支払い時に貯まるポイント。このポイントも意外と使えるんです。

年会費が無料で還元率が高いクレジットカードがおすすめ。還元率が1%のクレジットカードで、月10万円分の買い物をすると、年間1万2千円もお得になります。また、海外旅行によく行くという人は海外旅行保険が付帯するクレジットカードを持つと保険がカバーされます。そういった意味でもクレジットカードを使用するほうがお得です。

年会費無料で1%の高還元率おススメクレジットカード


【関連記事】
【お得情報】海外旅行がもっと楽しくなるお得なサービス

 

Suicaを使用している人はポイントクラブに登録しよう

通勤のためにSuicaを利用している人も多いでしょう。また、交通機関の乗車以外にも利用できる場所が増えてきていますが、実は利用すればするほどポイントが貯まり、貯まったポイントでチャージができたり、様々な商品と交換できたりするポイントサービスがあるんです。

しかし、このポイントサービスは、Suicaを持っていればポイントが貯まるというものではありません。Suicaポイントクラブというサイトから、無料登録を行いSuicaを登録することが必要です。そうして初めてポイントサービスを利用することができるのです。利用することが多い人はポイントを貯めるようにした方が断然お得です!この機会にポイントクラブに登録しましょう。

 

クレジットカードの明細をWeb明細に変更しよう

クレジットカードで買い物し、その明細を郵送してもらっている人はWeb明細に変更することをおすすめします。実は、郵送からWeb明細に変更すると、ポイントが貯まるクレジットカードが多いんです。

ゴミも減らすことができますし、一石二鳥ではないでしょうか。自分のお手持ちのカードを一度確認してみましょう。

 

楽天・Pontaポイントをアプリに変更しよう

お金を貯める

楽天、Ponta、Tポイントはそれぞれ公式アプリがあります。これらすべてをカードで持っているという人は是非アプリをインストールしましょう。

アプリにすることで持ち運びをする手間がなくなるので、財布もすっきりしますし、カードだと忘れやすいポイントを使い忘れてしまったということも起こりません。さらに、アプリによっては期間限定のクーポンがあるなど、カードよりもお得なんです。

また、期間限定のTポイントは限られたショップでしか使えなかったり、すぐ消失してしまうことが多いので、ヤフーショッピングで商品券に交換するのがお得です。

 

買い物はポイントモールを経由しよう

ネットショッピングを利用する人も増えていますが、自分の持っているクレジットカードのポイントモールを経由すると、ポイントが貯まるようになっています。

Tポイント、イオンカード、オリコカード、JCBカード、セゾンカードをお持ちの人はポイントモールがあるので、そちらを経由しましょう。中には10倍超えのショップもありますよ。

【関連記事】
【びっくり!】可愛い洋服を安く買える方法がこんなに!?

 

税金の支払いはnanacoで支払おう

税金や公共料金など、銀行自動引き落としにしている人も多いでしょう。そちらの方が手間がかかりませんが、お金を貯めるにはnanacoで支払う方法がおすすめ。セブンカードプラスからnanacoにチャージして、それで料金を支払うと、なんと合計2.5%のポイントをGETできちゃいます。

セブンカードプラスを、もっていなくともnanacoで支払うことで1%のポイントがもらえます。nanacoは上限が5万円なので、そこには注意しなければなりませんが、よりお得にするためにはこの方法がおすすめ!

 

洗濯・掃除でお金を貯めよう

お金を貯める

何気なく、毎日している洗濯や掃除ですが、ここにもお金を貯める秘訣がありました。電気代や水道代、洗剤代もバカになりません。方法を見直してお金を貯めましょう。

 

洗ってまりで洗剤代を節約

洗剤を減らしても汚れが落ちるという洗濯ボールを知っていますか。約8割の女性が使っていないと答える洗濯ボールですが、洗剤代の節約の他にも、洗いあがった洗濯物が絡みにくくなった、汚れがムラなくよく落ちるようになったという声もあるんです。

中でも洗ってまりがおすすめ。汚れ落ちは変わらないのに、洗剤の量はいつもの4分の1でOK。効果はLDKで保証済み!

洗濯コースを変更しよう

何も考えずに洗濯をしていることも多いと思いますが、洗濯のコースを変更するだけで、水道代と電気代が節約できます。まず、お風呂の残り湯を使用します。これで水道代を節約。そして、汚れがひどくなければお急ぎコースにすることで電気代と水道代の節約に。

お急ぎコースは洗濯時間が短く、すすぎが1回になるため、水道代ち電気代が節約できるという訳です。お急ぎコースでもファンデ以外の汚れはかなり落ちますよ。

 

乾燥機を使用する時は工夫しよう

仕事が忙しいと、洗濯物を干すという作業が面倒になってきます。節約するために一番いいのは乾燥機を使用しないことです。かなり電気代が変わってきます。ですが、そうも言ってられないという時は、乾いたバスタオルと一緒に乾燥機にいれましょう。

それだけで、普段より少し早く乾き、その分電気代も節約になるという一石二鳥。洗濯物を干す時間がなく、乾燥機を使用する時は、この技使ってみてください。

 

家電のお手入れをしよう

お金を貯める

掃除機、テレビ、エアコンの掃除は年末にしかしないという人は、これらの掃除をするだけで節約になります。掃除機はヘッドに絡んだごみを外す、テレビは裏側のファンを掃除、エアコンはフィルターの掃除をするだけで効率よく動かすことができ、かつ電気代の節約になります。

お手入れをすれば、年間でだいたい2,000円の節約に!年末だけでなく、マメにお手入れするといいですね。

 

汚れが軽いうちに掃除しよう

私もそうですが、年末の大掃除は大変。1年分の汚れが溜まっているんぼで落とすのに一苦労。ですが、日々の生活の中で掃除をしておけば、洗剤も少しでいいですし、年末の大掃除は必要ありません。

汚れを見つけた時に、サッと洗剤を吹きかけ少し放置しておけば、後で拭けば簡単に汚れを落とすことができます。節約&時短が可能!

 

入浴でお金を貯めよう

お金を貯める

毎日入っているであろう、お風呂。お風呂場にもお金を貯めれる方法がありました。

 

換気モードで乾燥させよう

雨の日など、洗濯物をお風呂場で乾かす際、おそらく浴室乾燥で乾かしていることと思います。しかし、実は換気だけでも洗濯物は乾くんです。しかも電気代はなんと10分の1以下。乾かすのに時間はかかりますが、節約にはもってこい。

・乾燥 1.36KW/1時間=約37円
・暖房 1.33kW/1時間=約36円
・涼風 0.07kW/1時間=約2円
・換気 0.03kW/1時間=約0.8円

※電気料金は27円/KWhと仮定

早く乾かしたいという場合は、まずは換気モードで湿気をとってから乾燥に切り替えると洗濯物が早く乾きます。他にもお風呂のお湯は捨てるか蓋をする、浴室の水滴を拭くことも時短のポイントです。

 

ガス給湯器の電源は消し忘れないようにしよう

家電などを使っていないときにも消費する「待機電力」は、年間消費電力の約5%を占めると言われています。たった5%?と思ってしまいます、年間の5%ということは約18日分になるので、半月分以上の電気代が待機電力としてかかっている、ということなんです。

待機電力の内訳は
・映像・音響機器 (28%)
・給湯機器 (27%)
・情報・通信機器 (19%)

と給湯器は待機電力トップクラスなんです。電気代を1年間で換算するとだいたい1,500円程度。これだけのお金が何もしていなくてもかかっていると考えるともったいないですよね。使っていないときは必ず電源をオフしましょう。

 

シャワーヘッドを交換しよう

備え付けのシャワーヘッドを使っている人がほとんどだと思いますが、これを変えるだけでも約5,000円の節約になります。取り換えも簡単にできるので、シャワーで済ましている人は節水シャワーヘッドを交換しましょう。

種類もたくさん売っており、だいたい3,000円以内で購入できるようです。

お金を貯める出典:LDK

 

節電でお金を貯めよう

電気代を節約するといっても、どの家電にどれくらいお金を使っているかって知らないですよね。まずはそれを知ることが大事。一番電気代を使っているものから節電していきましょう。

お金を貯める※資源エネルギー庁調べ

 

扇風機をうまく使おう

暑い夏はエアコンは必須。ですが、エアコンはかなり割高です。害気温が涼しい時はなるべく扇風機を使いましょう。

・エアコン 16円/3時間
・扇風機 2円/3時間

こんなに差がでます。また、暑い日はエアコン+扇風機を併用すると電気代が安く抑えられます。扇風機を上向きに風がいくように回すと部屋の中を空気が循環し、涼しさが増すため体感温度が下がります。そのため、エアコンの設定温度を上げても涼しいので、節電になるという訳です。最近では省エネの扇風機もありますし、うまく扇風機を取り入れるといいですね。

 

キッチン家電はマメにオフしよう

待機電力を気にして全ての家電のコンセントを抜くということは素晴らしいですが、なかなかストレスも溜まります。そこで、おすすめなのは、待機電力が高めなキッチン家電だけのコンセントを抜くという方法。

使う時だけコンセントを入れるという方法なら無理なく続けられるでしょう。節電タップを利用すればコンセントを抜くという作業はないので、便利かもしれません。

 

無駄遣いをカットしてお金を貯めよう

お金を貯める

自分の支出は把握していないということは、無駄遣いが見直せません。まずは、自分の支出を見直すことから始めましょう。

 

固定費を削減しよう

食費や光熱費の変動する費用より、固定費を節約する方が効果が高く、きちんと見直しできれば効果も持続します。固定費削減のコツは以下のポイント。

●通帳やクレジットカード明細で毎月引き落とされるものをチェック
●利用頻度が下がっているものは利用停止を検討する
●より安いサービスがないか見直す

この方法は食費などを見直すときも同じです。レシートは捨てずに取って置き、無駄遣いがないかチェックしましょう。

 

保険を見直そう

一度保険に入ると、そのまま加入していることが多いですが、その保険本当に必要な内容ですか。実は日本は国民健康保険だけでも保障は充実しています。自分の生活に必要なだけの保障内容で十分です。

とはいえっても、保障が過剰かどうかなんて自分ではなかなか判断できません。そんな時はプロのファイナンシャルプランナーに相談してみましょう。相談は無料でできます。



ネットバンク利用で手数料の節約をしよう

給料振込口座をゆうちょやその他銀行にしていると思いますが、ネットバンクのほうがATM引き出し手数料や振込手数料がお得な場合が多いです。

自動入金サービスを利用すれば給料振替口座から手数料なしでそのまま資金移動できたりするので、ネットバンクを利用するのもおすすめです。

銀行名 ATM手数料 振込手数料
三菱東京UFJ銀行 8:45~21:00以外は108円 他行宛:432~648円
新生銀行 何回でも無料 月1~10回
住信SBIネット銀行 ランクに応じて2~15回 ランクに応じて15回まで

 

携帯料金の見直しをしよう

スマホを使っている場合、ソフトバンク、ドコモ、auなどのキャリアを使っている人が多いと思いますが、格安スマホに変えることで携帯料金は安くなります。月に5,000円以上も安くなる場合も多く、携帯キャリアにこだわりのない方は乗り変えた方がお得です。格安スマホに変えても、番号も変わりません。デメリットはキャリア専用メールアドレスが利用できないだけです。携帯ごと変えなくても格安SIMもあります。

キャリアを格安スマホに変えなくても、一度オプションの見直しをしましょう。購入時に自動加入しているさまざまなオプションが必要なのか再度検討することは必要です。

 

まとめ

今回ご紹介した方法はこちらのLDKで100種のルールから抜粋しています。内容がかなり充実しているので、とても勉強になります。

今回の内容はかなり抜粋してご紹介していますので、その他にも内容を知りたいという人はご購入をおすすめします。


Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

Linoの注目記事を受け取ろう

お金を貯める

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Linoの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

NON

NON

新卒から看護師として働いており、仕事も楽しく一生看護師として全うしようと思っていました。しかし、ある出会いで副業について知ることになりました。そして、一生看護師として働くことに疑問を持ってしまい、今は看護師休憩中。働いていた中での看護師の知識をはじめ、美容や健康など働く社会人に役立つ情報を発信します。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 仕事のし過ぎが過労死の原因になる?過労死の前兆をチェック!

  • 【出会いがない人必見】おすすめの出会いの場10選

  • 焼きそば麺のアレンジ!忙しい人へおすすめの簡単レシピまとめ20選

  • 2回目のデートを女性から上手に誘う方法!女性からデートに誘うのはあり!

関連記事

  • タイ旅行の穴場スポット!絶対に行きたいおすすめ観光6選

  • 留学エージェントが勧める語学学校には行くべき?

  • 留学のホームステイは快適?よいホストファミリーを見つけるコツも!

  • 大人ならではの休日の過ごし方とは?おすすめの過ごし方10選

  • おしゃれ女子に朗報!おすすめのコーディネートアプリ7選

  • 不規則な生活をしていたら大変なことになる?!理由や予防法をご紹介