1. TOP
  2. 看護師
  3. PS(Pressure Support:プレッシャーサポート)

PS(Pressure Support:プレッシャーサポート)

 2016/08/02 看護師
この記事は約 2 分で読めます。 3,017 Views

PS(Pressure Support:プレッシャーサポート)とは、自発吸気の時間内に、あらかじめ設定された圧で吸気を補助するものです。

PSを設定すると、人工呼吸との同調性の改善や吸気仕事量を軽減することができます。

PSの値は通常10~15㎝H2O程度となっていますが、肺の硬さなどによって異なってきます。

PSの圧を上げると換気量が多くなるので、呼吸数は減少し、反対にPSの圧を下げると、呼吸数は増加します。

つまり、自発呼吸はあるが換気量が不足している(呼吸数が多い)ような場合は、PSの圧を上げて対応し、改善した際にはPSの圧を下げることでウィニング(人工呼吸器離脱)につなげることができます。

 

Sponsored Link


 

Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

NON

NON

新卒から看護師として働いており、仕事も楽しく一生看護師として全うしようと思っていました。しかし、ある出会いで副業について知ることになりました。そして、一生看護師として働くことに疑問を持ってしまい、今は看護師休憩中。働いていた中での看護師の知識をはじめ、美容や健康など働く社会人に役立つ情報を発信します。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 浴衣に合う簡単髪型!自分でできる浴衣髪型アレンジ集20選

  • 綺麗な爪を目指すあなたに。ネイルリペアセラムをおすすめする理由や口コミをご紹介

  • ファッションレンタル比較【女性用】おすすめの可愛いファッションレンタルは?

  • 崩れにくいメイクの方法は?1日キレイなメイクを保つ方法

関連記事

  • 病院以外の看護師転職!意外なとこでも資格が活かせる!

  • いくつ共感できる?ナースのびっくりあるある集

  • 気管切開の看護は?合併症やメリット・デメリットについて

  • 呼吸仕事量

  • PEEP(呼気終末陽圧)

  • 看護師不足を解消?!再就職しやすい環境がありますよ