1. TOP
  2. ビューティー
  3. 香水の正しい使い方知ってる?アレンジ方法もご紹介!

香水の正しい使い方知ってる?アレンジ方法もご紹介!

ビューティー
この記事は約 7 分で読めます。 9 Views
香水アレンジ

最近ではオシャレアイテムとして人気を博している“香水

香水を1プッシュするだけで全身が素敵な香りに包まれ、気分が上がり女性としてもワンランクアップしたような幸福感に満ち溢れますよね。

女性らしさを引き出してくれる“香水”ですが、皆さんは正しく使えていますか?

好きな香りだからと言って付けすぎては周りに迷惑が掛かりますし、反対に付けなさすぎでは香りが殆どしなかったり…

実は香水には皆さんが意外に知らない付け方があるのです。

では今回は意外と知らない香水の付け方と、香水の応用方法についてご紹介致します。

これから香水を選ぼうと思っている方、今ある香水の使い道に困っている方は必見ですよ。

 

sponsored

正しい香水のつけ方とは?

香水アレンジ

一言で香水と言っても、実は香水には大きく4つの種類に分けられます。大体パッケージに記載されていることが多いのですが、「パルファム」「オードパルファム」「オードトワレ」「オーデコロン」があります。

この4つの違いは大きく香料の配合量と、持続時間にあります。

・パルファム…香料濃度15%~30% 持続時間約7時間
・オードパルファム…香料濃度10%~15% 持続時間約5時間
・オードトワレ…香料濃度5%~10% 持続時間約3時間
・オーデコロン…香料濃度2%~5% 持続時間約1時間

香料濃度が高ければ高いほど持続時間も長いですし、量が多ければ多いほどキツく感じやすいです。

ですから、香料濃度の高い香水を付ける場合は付ける量や部位を選ぶ必要があります。

 

反対に、香料濃度の低いコロンなどは付ける量が少なすぎると時間が持たないどころか、香水の香りがしない…なんてこともあり得ます。

どんな香水でも付け方が大切なのです。

ただ、一概に言えないのは香料濃度が高いからと言ってキツイ匂いとは限りません。

バニラ系の甘い香りであればコロンでも重たく感じますし、柑橘系の香りであればパルファムでも軽く感じるのです。

では早速、香水を付けるにあたって注意して欲しいポイントを3つまとめてみます。

 

香水は洋服では無く地肌に

香水アレンジ

ドラマや映画などのワンシーンでもよく見かけるのが手首に香水を付けるシーン。この付け方は大正解です。

ですが、実際に香水を付けている方に非常に多いのは洋服に香水を付けていると言う事。こちらは残念ながら間違いです。

香水によっては香水の成分で洋服が変色したり、シミになったりする場合があるので、洋服に香水をつけるのはタブーです。

また、香水は布に塗布するよりも地肌に塗布した方が、香りが持続します。

特にアウターなど滅多に洗ったりしない洋服に付けるといろんな匂いと混じり変な匂いに変化する可能性があるので気を付けましょう。

 

香水を付ける前は体を清潔にする

香水アレンジ

香水の大敵は汗です。

汗の出やすい夏場であれば朝、シャワーを浴びることをお勧めします。

汗特融の匂いと、香水の匂いが混ざると、せっかくいい香りがする香水も、嫌な臭いに変わってしまうのです。

手首など、あまり汗をかきにくい部分であれば良いのですが、首筋など汗を分泌しやすい部分にかける場合注意しましょう。

 

香水を付けるタイミングを注意する

香水アレンジ

ズバリ、香水を付けるタイミングでベストなのは、待ち合わせの30分~1時間前です。

普段から香水を付ける方でしたら、なんとなく感じたことがおありだと思うのですが、香水は時間が経つごとに香りが変化します。

大きく分けるとその香りは3段階に変化します。

・トップノート
香水を付けたすぐ後~10分後までの香りをトップノートと言います。
香水を付けた直後の香りはアルコールが飛んでおらず、本来の香りではない場合があります。

・ミドルノート
香水を付けて30分~1時間程たって頃の香りを指します。
ミドルノートは3時間程続きますが、この時間が一番香水として一番綺麗な香りの状態です。

・ラストノート
香水としての最後の香りがラストノートです。ミドルノートに比べるとわずかに香る程度で、香水を付けなおす際はラストノート時がオススメです。

 

香水は春夏秋冬の四季でつけ方が違う?

香水アレンジ

季節によって香水付け方を変えた方がいいのはご存知でしたか?季節によってお洋服が変わるように選ぶ香水や、その香水の付け方を変える必要があります

変える必要はなぜあるのでしょう?それはズバリ汗の分泌量にあります。

汗や体臭の匂い消しで香水を使用すると言う話を聞いたことがありますが、その使い方はタブーです。

香水のいい香りで体臭や汗の嫌な臭いが消えそうに思えますが、実は全く消えないのです。むしろ香り同士が混じって変な臭いを放つのです。

大きく分けて夏と冬、この季節では汗の分泌量が大きく違います。ですから夏と冬では香水の付け方を変える必要があるのです。

では早速、夏と冬で、どのように香水を付け分けたら良いのか、詳しくお話させて頂きます。

 

<夏にぴったりな香水の付け方>

香水アレンジ

汗をかきやすい夏は、蒸れや、汗を分泌しにくい部分に香水を付けることをお勧めします。

ですから、普段から香水を付ける方であれば付ける方も多いでしょう“首筋”ここは汗の分泌が多い箇所なので避けましょう。

オススメ箇所は「手首」「腰」の二か所です。

手首の方が香りは強く残りますが、ほんのり香りを残したい場合、腰に付けておくと柔らかく香るのでビジネスシーンやお食事時などにオススメです。

 

<冬にぴったりな香水の付け方>

香水アレンジ

冬は夏と打って変わり、汗を分泌しにくくなります。また、コートやセーターなど羽織るものが増え、香料濃度の低い香水では香りを感じにくくなります。

ですから、夏場よりも香水を付ける箇所を増やしていいでしょう。

オススメか所は4か所です。

それは「うなじ」「胸の谷間」「手首」「腰」です。

この4か所は比較的体温が高く、香水の香りが綺麗に香る箇所です。体温が低い箇所に香水を付けても本来の香りが発揮しないので、この4か所に付けることをオススメします。

 

香水の使い方アレンジ術

香水アレンジ

季節や年齢によって自分の中の香りのブームも変わっていきますよね。気づいたら使わない香水が山ほどある…なんてことも多いのではないでしょうか。

思い入れのある香水だから…ボトルがかわいくてお気に入りだから…など、いろんな理由で捨てられない!なんて方も多いはず。

そこで、使わなくなった香水を便利に蘇らせる方法をご紹介致します。

 

<香水の使用期限>

実は香水にも化粧品などと一緒で使用期限があります。

  • 未開封時:約3年
  • 開封後:約1年

開封後だと1年で使用してしまわないと酸化してしまい、本来の香りではなくなってしまうのです。

そして、恐ろしいのは酸化すると香りが変化するだけでなく、地肌に付けるには負担が大きくなります。

香水には使用期限が記載されていないことが多いですが、使用期限をしっかり確認することが大切ですよ。

 

<オススメのアレンジ方法>

香水アレンジ

◎ルームフレグランス

香水のボトルのキャップを取り外し、そのままボトルにスティックを指してしまえば簡単にルームフレグランスになります。

一番簡単ですし、インテリアにもなりますよ。

玄関やリビング、トイレなどが好きな香りに包まれるのは気分も良いですよね。

 

◎ヘアオイルに混ぜる

最近ではウェットヘアが人気で、ヘアオイルを使用している人が多いですよね。

ですから、そのヘアオイルに適量を混ぜてみましょう。

ヘアミストをかけたかのような香りに包まれますよ。

 

◎バスタイムに使う

湯船に2、3滴垂らすだけでいつものバスタイムが良い香りに包まれます。

また、シャンプーやリンスなどに混ぜてみたりするのも良いです。

ただし、入れすぎると香りがきつく酔ってしまうこともあるので気を付けましょう。

 

まとめ

いかがでしたか?

気づけば集めてしまう香水ですが、使い道に困っている方、捨てるのはまだ早いです。ひとくくりに香水と言っても使い道は沢山あります。

これから寒くなりますが、香水の選び方や季節に合わせての使い方も注意し、好きな香りを楽しんでくださいね。

ぜひ、ご参考にして下さい。

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

Linoの注目記事を受け取ろう

香水アレンジ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Linoの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

maimai

maimai

現在現役美容部員として勤務しています。
化粧品を全般に美容に関する知識や、美容部員として培った経験を元に皆様に分かりやすく楽しく発信しようと思っています。
また、エステティシャン経験もありますので、体の内側からからキレイになる方法なども併せてご紹介したいと思っています。

この人が書いた記事  記事一覧

  • つけまつげの選び方は?自分に合ったつけまつげを選ぼう!

  • まつエクした時の正しいスキンケア方法は?

  • ビタミンサプリは効果が無い!?その理由を徹底分析

  • 秋は乾燥の季節?秋から始める効果的な保湿ケア

関連記事

  • どれが最強?おすすめのセルライト除去クリーム10選

  • 大阪で安い服屋をお探しならここ!大阪の激安衣料品店まとめ

  • レンタルドレスのおしゃれで可愛い!おすすめサイト7選

  • ナイトブラの選び方は?選び方で効果が全然違う!

  • 崩れにくいメイクの方法は?1日キレイなメイクを保つ方法

  • 【決定版】是非試してみて!おすすめのプチプラ美白化粧品ランキング