1. TOP
  2. 看護師
  3. PEEP(呼気終末陽圧)

PEEP(呼気終末陽圧)

 2016/08/02 看護師
この記事は約 2 分で読めます。 394 Views

PEEPとはpositive end expiratory pressureの略で、呼気終末陽圧と日本語ではいいます。

PEEPは、人工呼吸器の呼気(酸素を送り出す)の終了時に回路内の圧力を0mmHgにせずに、呼気の終わりにも一定の陽圧をかけたままにします。

つまり、風船で例えると、風船を膨らまし、完全にしぼませるのではなく、少し風船内に空気を残している状態という感じです。

そうすることによって、次に息を吸い込むときに肺が膨らみやすくなります。

また、完全にしぼんでいないのでより膨らむといったイメージです。

 

 

 

Sponsored Link



Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

NON

NON

新卒から看護師として働いており、仕事も楽しく一生看護師として全うしようと思っていました。しかし、ある出会いで副業について知ることになりました。そして、一生看護師として働くことに疑問を持ってしまい、今は看護師休憩中。働いていた中での看護師の知識をはじめ、美容や健康など働く社会人に役立つ情報を発信します。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 新ファンケル無添加ホワイトニングとは?魅力や口コミをご紹介!

  • 爪がボロボロ!原因は何?爪水虫を自力で治すには?

  • 平日に行くべきお出かけ関西スポット18選!デートにもおすすめ

  • 長期休暇の一人での過ごし方11選!連休を一人で過ごす楽しい方法は?

関連記事

  • PaCO2

  • トリガー

  • 看護師って出会いが多いの?少ないの?結婚している割合は?

  • SaO2

  • それ本当?!看護師って気が強いの?気が強いと思われる5つの理由

  • やめたい!!と思った新人看護師のための情報をお届け