1. TOP
  2. 看護師
  3. 呼吸仕事量

呼吸仕事量

 2016/08/02 看護師
この記事は約 2 分で読めます。 705 Views

 

通常の呼吸では、呼吸筋は収縮し,胸腔を広げることで胸腔内を陰圧にして,空気を肺に流します。

空気が肺に流れるためには,呼吸筋が収縮して胸腔を広げるという「仕事」をしなければなりません。ここでする仕事の量を「呼吸仕事量」と呼びます。

つまり、

細いストローで早く吸うのは呼吸仕事量が増える=気道が痰貯留などで細くなっている、呼吸がはやい

硬い風船を大きく膨らますのは呼吸仕事量が増える=肺が硬くなっている

 

 

 

Sponsored Link
Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

NON

NON

新卒から看護師として働いており、仕事も楽しく一生看護師として全うしようと思っていました。しかし、ある出会いで副業について知ることになりました。そして、一生看護師として働くことに疑問を持ってしまい、今は看護師休憩中。働いていた中での看護師の知識をはじめ、美容や健康など働く社会人に役立つ情報を発信します。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 2回目のデートを女性から上手に誘う方法!女性からデートに誘うのはあり!

  • 平日休みにしかできないこと!平日休みの人におすすめの楽しい過ごし方10選

  • 【美白】肌を白くする!簡単確実に肌が白くなる方法12選

  • POLAから最強の美白サプリ登場?!ホワイトショット インナーロックの効果とは?

関連記事

  • PaO2

  • 気管切開の看護は?合併症やメリット・デメリットについて

  • 転職を考えている看護師におすすめ転職サイトまとめ

  • 人工呼吸器(非侵襲的陽圧換気/NPPV)モードや合併症・離脱について

  • それ本当?!看護師って気が強いの?気が強いと思われる5つの理由

  • 人工鼻