1. TOP
  2. 看護師
  3. 高二酸化炭素血症

高二酸化炭素血症

 2016/08/02 看護師
この記事は約 2 分で読めます。 829 Views

高二酸化炭素血症(こうにさんかたんそけっしょう)とは、二酸化炭素の排出が不十分となり、動脈血中の二酸化酸素濃度が著しく増加した状態のことです。

二酸化炭素が血液中に増加すると、中枢神経(脳や脊髄)や呼吸中枢が抑制され、CO2ナルコーシス(中枢神経障害や意識障害を生じる)という病態をきたします。

中枢神経障害により呼吸中枢も抑制されるため、高二酸化炭素血症とCO2ナルコーシスによる悪循環が繰り返され、さらに二酸化炭素濃度が増加する事態に陥ってしまいます。

 

人工呼吸器については下記をどうぞ。

 

Sponsored Link


Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

NON

NON

新卒から看護師として働いており、仕事も楽しく一生看護師として全うしようと思っていました。しかし、ある出会いで副業について知ることになりました。そして、一生看護師として働くことに疑問を持ってしまい、今は看護師休憩中。働いていた中での看護師の知識をはじめ、美容や健康など働く社会人に役立つ情報を発信します。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 新ファンケル無添加ホワイトニングとは?魅力や口コミをご紹介!

  • 爪がボロボロ!原因は何?爪水虫を自力で治すには?

  • 平日に行くべきお出かけ関西スポット18選!デートにもおすすめ

  • 長期休暇の一人での過ごし方11選!連休を一人で過ごす楽しい方法は?

関連記事

  • 転職を考えている看護師におすすめ転職サイトまとめ

  • 食道がんの手術後に人工呼吸器がついているのはなぜ?

  • 呼吸仕事量

  • いつがいいの?看護師が転職するベストなタイミング!!

  • 【もうやめたい!】と考えている新人ナースへアドバイス!!

  • いくつ共感できる?ナースのびっくりあるある集