429
Too Many Requests

褦ȤڡɽǤޤǤ

Υ顼ϡ¿ΥꥯȤäȤ̣ޤ
֤֤ƺ٥Ƥ

ʲΤ褦ʸͤޤ

  • ִṲ̄Webä
  • ץˤ̤ΥꥯȤȯ
.main-color,.hover-color:hover {color: rgba(234,182,77,1);}#ez-toc-container, #ez-toc-container .ez-toc-title-container, .ez-toc-list li, #toc_container, #toc_container .toc_title, .toc_list li {border-color: rgba(234,182,77,.3);color: rgba(234,182,77,1);}a:hover, .content-post a, .calendar_wrap a {color: rgba(234,182,77,1);}#page-top-menu {background: rgba(234,182,77,.1);}#left-icon-area i {color: rgba(234,182,77,.3);}#left-icon-area i:hover {color: rgba(234,182,77,1);}#header-searchbox-area input[type="text"] {background: rgba(234,182,77,.1);}#header-searchbox-area input[type="text"] {color: rgba(0,0,0,.75);}#header-searchbox-area button {background: rgba(234,182,77,1);}.top-related-article-list-button a, .related-article-list-sp-button {color: rgba(255,255,255,1);background: rgba(234,182,77,1);}.article-type-list .related-article-list a:after {background: rgba(234,182,77,1);}.article-type-list .related-article-list a:before {background: rgba(234,182,77,.5);}#sidebar-searchbox-area form, #sidebar form, .search-form {border-color: rgba(234,182,77,.2);}#sidebar-searchbox-area button, #sidebar form button, .search-form button {color: rgba(234,182,77,1);}#sidebar .sidebar-head {color: rgba(234,182,77,1);}#global-header, #sp-sub-navigation-wrap, #global-navigation .sub-menu {background: rgba(255,255,255,1);}#site-id a {color: rgba(234,182,77,1);}#global-navigation li a {color: rgba(0,0,0,1);}.cls-1 {fill: rgba(0,0,0,1);}.hover-boderbottom-color {border-bottom: 2px solid rgba(255,255,255,0);}.hover-boderbottom-color:hover {border-bottom: 2px solid rgba(234,182,77,1);}#sp-navigation-content-wrap {background: rgba(234,182,77,1);}.sp-navigation-head {color: rgba(234,182,77,1);background: rgba(255,255,255,1);}#sp-searchbox-area button {background: rgba(255,255,255,0);}#sp-navigation-content-wrap .related-article-list-date,.sp-navigation-related-list a, .widget-inner-spmenu a,#sp-icon-area li a {color: rgba(255,255,255,1);}#sp-searchbox-area input {background: rgba(255,255,255,1);}#one-column,#two-column {background: rgba(234,182,77,.03);}#main,.sidebar-widget {background: rgba(255,255,255,1);}#breadcrumbs li a {}.content-post h2 {color: rgba(255,255,255,1);}.content-post h2 {background: url(https://nurse-san.net/wp-content/themes/shaper/img/headline-shadow-white.png) no-repeat left top rgba(234,182,77,1);}.content-post h3 {border-color: rgba(234,182,77,1);}.content-post h4 {border-color: rgba(234,182,77,1);}.post-categories li a, .related-article-list-category .inner, #copy-btn, #pagenate a, .sp-sub-navigation-menu-list a {color: rgba(255,255,255,1);background: rgba(234,182,77,.5);}.post-categories li a:hover, #copy-btn:hover, #pagenate a:hover {color: rgba(255,255,255,1);background: rgba(234,182,77,1);}.tagcloud a:hover, .post-author-list-btn a, .authors-list .post-author-list-btn a, #comment-submit, input[type="submit"], .continue-button a {color: rgba(255,255,255,1);border-color: rgba(234,182,77,1);;background: rgba(234,182,77,1);}.tagcloud a, .post-author-list-btn a:hover, .authors-list .post-author-list-btn a:hover, #comment-submit:hover, input[type="submit"]:hover, .continue-button a:hover {color: rgba(234,182,77,1);background: rgba(255,255,255,1);}.comment-list-txt {background: rgba(234,182,77,.2);}.content-post hr {border-color: rgba(234,182,77,1);}.pnavi-prev-icon,.pnavi-next-icon {color: rgba(234,182,77,1);}.related-article-list-head,.archive-related-article-list-head {color: rgba(234,182,77,1);border-bottom-color: rgba(234,182,77,1);}.related-article-list-head:after {background: rgba(234,182,77,1);}#related-article-list-wrap {background: rgba(255,255,255,1);}.aside-head {color: rgba(234,182,77,.75);}.related-article-list-head.aside-head:after {background: rgba(234,182,77,.75);}.related-article-list-eyecatch:before {border-color: rgba(234,182,77,1) transparent transparent transparent;}#top-btn a {border-color: rgba(234,182,77,1);color: rgba(255,255,255,1);}#top-btn a {background: rgba(234,182,77,1);}#global-footer {background: rgba(234,182,77,.1);}.footer-menu-title {color: rgba(234,182,77,.75);}#global-footer-menu li a, #global-footer-menu .footer-info-area p.footer-info {color: #333333;}#global-footer-menu .footer-info-area .footer-info-sitetitle {color: rgba(234,182,77,1);}#global-footer-info-area {color: rgba(255,255,255,1);background: rgba(234,182,77,1);}

バストアップに効果的な食べ物や飲み物は?これでバストアップも夢じゃない?!

バストが小さい・・・そんなお悩みを抱えている人は結構いるのではないでしょうか。

もう成長期も終わったし、胸を大きくするためにマッサージやらしてみたけど、効果はいまいち。このまま、小さい胸のままなのかなと思っているあなた。胸は成長期を過ぎても女性ホルモンを増やせば、大きくすることができます

バストアップにマッサージやエクササイズも効果はありますが、まず体に取り入れる食べ物や飲み物で土台作りをしてみませんか。ということで、今回は、バストアップに効果的な食べ物・飲み物についてご紹介します。

 

Sponsored Link

本当に胸が大きくなるの?

胸は大きくなるのか

冒頭で、女性ホルモンを増やせば胸が大きくなると言いましたが、本当かなと疑問に思いますよね。

そもそも、バストアップには女性ホルモンが関係しています。妊娠したら、胸が大きくなりますよね?あれは、母乳を作る準備として、女性ホルモン、エストロゲンが乳房の中に張り巡らせている乳腺を発達させるため、胸が大きくなるのです。

成長期もエストロゲンの分泌が増え、女らしい体つきに成長します。つまり成長期だからなのではなく、女性ホルモンの分泌さえ多くできれば、胸は大きくなるという訳です。

 

Sponsored Link

胸を大きくする食べ物飲み物まとめ

バストアップ食べ物飲み物あるの

唐揚げやキャベツに胸を大きくする効果があるといった話を聞いたことありませんか。食材には、様々な栄養素があり、ある栄養素がバストアップの土台作りをしてくれる栄養素だったりするのです。

バストの周りの脂肪は、乳腺を保護するようについていて、10%の乳腺組織と90%の脂肪からできています。乳腺が発達すると、外的刺激から乳腺を守るためにたくさんの脂肪がつきます。バストがふんわりとふくらんでいるのは、この脂肪の存在が不可欠となります。

 

乳腺を発達させるためには、女性ホルモン、エストロゲンの存在が重要なのです。つまり、この女性ホルモンの分泌を促す食べ物や飲み物を口にすると、女性ホルモンが分泌され、乳腺が発達し、脂肪が増え、胸が大きくなるといったバストアップ効果が見込めます

もしかしたら、毎日口にしているものかもしれませんし、あまり口にしていなかったなどと、バストアップに必要な栄養素を知らないという人も多いと思います。これを知っていればバストアップも夢じゃないはず!!

 

↓バストアップにはサプリメントも効果的です↓

 

バストアップに必要な栄養素って何?

バストアップに必要なのは、まずは栄養素が入った食材です。食べ物を知るのも大切ですが、栄養素がバストアップにどう関わっているのかも知っておきましょう。

 

イソフラボン

大豆などに含まれているイソフラボンは、女性ホルモンであるエストロゲンとよく似た働きをすることで知られています。

エストロゲンと似た働きをするということは、イソフラボンを摂取することで、結果バストアップ効果が見込めるということになりますね。

 

ボロン

ボロンという栄養素があることを知らない人も多いのではないでしょうか。このボロンも、バストアップ効果があります。

ボロンは日本語名では「ホウ素」と呼ばれますが、ミネラルの一種で、エストロゲンの分泌を活性化させる栄養素です。

 

たんぱく質

3大栄養素の一つで、血や肉を作るために必要な栄養素です。たんぱく質は体を構成するため元で、胸の土台になる栄養素です。

また、土台になるだけでなく、女性ホルモンの分泌を促してくれる栄養素でもあります。

 

 アミノ酸

アミノ酸は、たんぱく質を作っている成分です。アミノ酸を摂取していないと、たんぱく質が作られません。

また、成長期に胸が大きくなるのは、成長ホルモンも関係しています。アミノ酸は成長ホルモン、女性ホルモンの合成をしてくれるので、バストアップには欠かせないものなのです。

 

Sponsored Link

バストアップに効果的な食べ物や飲み物

では、上記の栄養素が含まれている食べ物や飲み物をみていきましょう。いくつかあるので、覚えておくと効率よく摂取することができます。

 

大豆製品

バストアップ大豆

大豆製品にはイソフラボンがたくさん含まれています。大豆や納豆、豆腐や豆乳が大豆製品になります。バストアップのほかに美肌効果も期待できます。

ただし、イソフラボンの摂りすぎには注意が必要です。大豆イソフラボンは1日70~75㎎程度が適量とされています。

食品に換算すると、味噌汁1杯(20g)に約6mg、納豆1パック(50g)に約35mg、豆腐1丁(300g)に約60mg、豆乳1パック(200g)に約50mgとなるので、摂りすぎないように調整しましょう。

※イソフラボンの摂りすぎは、子宮内膜症や乳がんの発症や再発リスクを高めることも示唆されています。

 

~豆乳アレンジレシピ~

①野菜ジュースと混ぜる

二つを混ぜることによって、互いのクセを消しあいまろやかな味わいになります。

②しょうがとはちみつを入れる

しょうがでぽかぽかになり、はちみつでほんのり甘い仕上がりに。

 

キャベツ

バストアップキャベツ

キャベツでバストアップするって聞いたことありませんか?実は、キャベツで胸が大きくなるのは本当なんです。キャベツにはエストロゲンの分泌を活性化させてくれるボロンが含まれています。

ボロンの摂取量の目安は1日3mgです。普通サイズのキャベツを1玉が目安。ただ、ボロンは熱に弱いので生のまま摂取する必要があります。

 

~キャベツアレンジレシピ~

1玉なると結構な量ですよね。しかも、生で・・・。キャベツを美味しく食べれるレシピをご紹介します。

①ごまだれ和え

キャベツにハムとごまだれを合えるだけ。ごまだれがない場合は、白ごま大さじ2、しょうゆ大さじ1/2、マヨネーズ大さじ2で作ってください。

②キャベツと納豆サラダ

イソフラボンとボロンのコラボ。麺つゆとマヨネーズ、納豆とキャベツを混ぜるだけ。お好みで卵、海苔などを入れてもおいしいです。

 

アーモンド

バストアップアーモンド

アーモンドにもボロンが含まれています。それだけでなく、老化の原因、活性酸素を除去してくれる若返りの栄養素、ビタミンEも豊富です。

ただし、ボロンの1日摂取量を摂ろうと思えば、約100g(100粒ほど)摂らなければならないので、他のボロンが含まれるものと合わせて摂取した方がよさそうですね。

 

プルーン

バストアッププルーン

プルーンはボロンが多く含まれる食べ物です。また、貧血や便秘にも効果的な亜鉛が豊富です。その他にもビタミン類などたくさんの栄養素を摂ることができます。

1日2~3個食べるだけで1日に必要なボロンを摂取できます。レーズンも同じくボロンが豊富。レーズンは1日20gでボロン3gが摂取できます。

 

海藻類

バストアップ海藻類

昆布、ひじき、わかめ、とろろ昆布など海藻類にもボロンは豊富に含まれています。海藻類は低カロリーで高繊維でもあります。この中で火を通さずお手軽に食べれるのがわかめでしょう。いろんなアレンジでおいしく摂取しましょう。

 

~わかめのアレンジレシピ~

①わかめと豆腐のサラダ

豆腐一丁とわかめはお好きな量を。ポン酢大さじ2、ごま油大さじ1/2で完成です。

②わかめとキャベツのナムル

ごま油大さじ1、しょうゆ小さじ1をきゃべつとわかめにかけるだけ。お好みでゴマをかけてもおいしいです。

 

アボカド

バストアップアボカド

森のバターと呼ばれる栄養がたっぷりつまったアボカド。良質な脂肪分と体内の女性ホルモンバランスを正常に分泌させる効果があるビタミンEなど栄養素が豊富なんです。バストアップには1日半分食べるだけで効果があったという声も。

 

~アボカドアレンジレシピ~

①アボカドスムージー

豆乳やはちみつなど好きなものをアボカドとスムージーにするだけ。お手軽でバストアップや、入れるものによっても効果が変わってきます。

②アボカドナムル

これは一度食べるとやみつきになります。アボカド1個、塩2フリ、ごま油大さじ2、ごま大さじ1で完成です。

 

鶏肉

バストアップ鶏肉

胸の土台をつくるのに必要なたんぱく質を含んでいます。カロリーも低め、値段も安めとお手頃。特におすすめの部分は、ささみと胸肉です。毎日たんぱく質を摂ろうと思えば、低価格・低カロリーは欠かせませんよね。

たんぱく質を摂り、バストアップに効果のあるエクササイズや筋トレを取り入れるとバストアップに効果的です。

 

~ささみのアレンジレシピ~

①ささみとキャベツのサラダ

たんぱく質とボロンのコラボ。調味料は、水大さじ3、みりん大さじ1、しょうゆ大さじ1、ごま油大さじ1で完成。これをキャベツとささみにかけ、塩コショウを少々かけるだけです。

②スープ

ささみや大豆、キャベツなど好きな具材を煮込み、コンソメなどお好みの味にするだけ。バストアップに効果的な食材を使いましょう。

 

乳製品

バストアップ乳製品

チーズ、ヨーグルト、牛乳やバターなどの乳製品には良質なたんぱく質が含まれています。乳製品はバストアップだけでなく、美肌効果にも期待できます。

ヨーグルトとボロンを含むリンゴの組み合わせはおすすめ。その他にも乳製品はアレンジ無限大ですよね。

 

Sponsored Link

 バストアップに必要な食べ物や飲み物の注意点

バストアップ注意

以上の食べ物や飲み物がバストアップに効果的、土台を作るために必要なものです。ただし、食べる前に注意してほしい点もあります。

 

食べすぎはだめ

バストアップできるからと食べすぎるのはいけません。過剰摂取により、副作用がでてしまう可能性もあります。

イソフラボン:1日70~75㎎

ボロン:1日3㎎

たんぱく質:1日体重×1g

 

一つの食材だけを食べ続けない

上記の食材だけを食べ続けてしまうと、栄養が偏ってしまいます。健康も大切。栄養を摂るためには、バランスのいい食事をすることが大事です。

バランスのいい食事にプラスして上記のバストアップに効果的な食べ物や飲み物を取り入れてほしいと思います。

 

Sponsored Link

 バストアップに悪い食べ物は?

これまではバストアップに効果的な食べ物などをご紹介しました。次は、バストアップを阻む食べ物についてです。これを知らず食べ続けていたら、せっかくバストアップに効果的なことをしていても、意味がないかもしれません。

 

アブラナ科の野菜

バストアップアブラナ科の野菜

アブラナ科の野菜の中には、胸が大きくなるとも言われる食材が含まれていますが、胸が小さくなる食べ物も含まれているのです。

アブラナ科の野菜には、インドールという成分が含まれており、この成分が女性ホルモンの分泌を抑制してしまいます。胸を小さくしたい人はアブラナ科の野菜を摂ると効果的ですが、バストアップには逆効果なんですね。

アブラナ科の野菜には、ブロッコリー、カリフラワー、菜の花、大根、小松菜、水菜などがあります。キャベツもアブラナ科の野菜に入りますが、キャベツはボロンが含まれているのでバストアップに効果的です。ただし、キャベツは火を通すと、ボロンの効果は期待できないので注意が必要です。

アブラナ科の野菜の中でインドールを多く含むのはブロッコリーです。栄養価が高いことでも知られている野菜ですが、バストアップしたいのであれば控えた方が無難でしょう。

 

コーヒー

バストアップコーヒー

コーヒーを飲むことで胸が小さくなるという噂があります。これは本当なのでしょうか。

実は、スウェーデンのランド大学の教授が実施した実験結果によると、「女性は1日3杯以上のコーヒーを飲み続けると胸が小さくなる」と発表しています。一日に3杯のコーヒーを飲む女性は飲まない女性に比べて17%胸が小さいとの結果がでているというのです。

その理由は、カフェインによる自律神経への作用や血管収縮が原因だと言われています。自律神経が乱れると、女性ホルモンにも影響し、血管が収縮するということは体や臓器が冷え、女性ホルモンがうまく機能できないということが言われています。という訳なので、コーヒーを飲むのはかまいませんが、1日3杯以内にしておきましょう。

 

Sponsored Link

まとめ

いかがでしたか。普段何気なく食べたり飲んだりしているものがバストアップにつながっていたかもしれません。反対に胸が小さくなるものを口にしていたかもしれませんね。

食べ物や飲み物で補っているものは私たちの体を構成しています。無理なダイエットはせず、バランスのいい食事を心掛け、プラスでバストアップできるようにバストアップに効果的な食べ物などを取り入れましょう。

食べ物や飲み物で土台を構成した後は、エクササイズやマッサージもおすすめ。以下の記事を参考にしてください。

 

最初のコメントをしよう

任意