1. TOP
  2. ビューティー
  3. 美肌菌を増やす方法は?美肌菌で美肌になろう!

美肌菌を増やす方法は?美肌菌で美肌になろう!

ビューティー
この記事は約 8 分で読めます。 115 Views
美肌菌を増やす方法

美肌菌という言葉を聞いたことはありますか?肌には常に数百億の菌が常駐しています。環境を整えて今ある美肌菌の効果を最大限に引き出すことで、うるおいのあるキメ細やかな肌にしていくことができます。

そんな素晴らしい効果を持つ美肌菌の仕組みと増やし方をご紹介します。

 

sponsored

美肌菌って何?

美肌菌を増やす方法

皮膚の表面や毛穴の中には数百億以上の菌がいます。「善玉菌」「悪玉菌」「日和見菌」という種類に分類され、バランスよく存在することで健康を保っています。

善玉菌
善玉菌は肌にとっていい働きをしてくれる菌のことで、ここでは肌に存在している表皮ブドウ球菌を美肌菌としてご紹介していきます。

悪玉菌
悪玉菌は肌トラブル、皮膚トラブルを招いてしまう悪い菌で、特に有名なのは黄色ブドウ球菌です。
黄色ブドウ球菌はアトピー性皮膚炎との関係も指摘されており、肌トラブルの原因となります。

日和見菌
日和見菌は善玉菌と悪玉菌、多い方について活動する菌です。ニキビの原因菌であるアクネ菌は日和見菌です。悪玉菌の多い状況下ではニキビの原因となりますが、善玉菌の多い状況下では皮膚を健やかに保つ活動をしてくれます。

この三種類の菌のバランスが崩れてしまうことにより、肌トラブルが起きるのです。

 

美肌菌が美肌につながる理由

美肌菌を増やす方法

美肌菌である表皮ブドウ菌は汗や皮脂を食べ、グリセリンという肌にうるおいを与える成分を排出します。グリセリンは化粧品などにも使用されている保湿成分で、透明感のある肌を作ってくれます。

化粧品に含まれたグリセリンは表面を保湿することしかできませんが、この美肌菌は角質層の中にグリセリンを分泌します。角質層がうるおいで満たされることで肌がうるおうだけでなく、肌のバリア機能も活発になります。

同じく保湿成分であるセラミドを作り出す働きもあります。セラミドは皮膚で作られているものですが、不足すると角質層のうるおいが失われてしまいます。

表皮ブドウ球菌はセラミドの生成を手助けしてくれるため、肌にうるおいを与え美肌効果を高めてくれるのです。

他にも、悪玉菌を退治する役割を持つペプチドも作ることができるため、美肌菌は美肌を作るだけでなく守ることもできる菌なのです。

肌にうるおいを与え、キメ細やかな美肌へ導いてくれることにより、肌表面の凹凸が少なくなります。
この凹凸が減ることで毛穴の目立たない美肌へと変化していきます。美肌菌にはこのような様々な美肌効果があるのです。

 

美肌菌を増やす方法8選

美肌菌がどうして肌にいいのかはおわかりいただけたでしょうか。ではそんな美肌菌を増やしていくにはどうしたらいいのでしょうか。

 

①洗顔

美肌菌を増やす方法

洗顔をし過ぎると皮脂が少なくなり、菌の餌がなくなるためよくありません。しかし、洗顔をし過ぎないと皮脂が増え、ニキビの原因となります。

ちょうどいい回数と適切な方法がとても大切なのです。洗顔の適切な回数は朝1回夜1回の1日2回。洗顔料を使用した洗顔は1日に1回夜に行うのが一番ちょうどよく汚れを落とすことができます。

朝の洗顔は水やぬるま湯のみで行うのが適切です。朝の洗顔で洗顔料を使用すると皮脂を落とし過ぎてしまうのです。

水もしくは38℃くらいのお湯を使用して、髪の生え際や顎の裏までしっかりとすすぎましょう。ニキビのある人はニキビの部分のみ洗顔料をしっかり泡立てて洗うのは効果的です。

夜の洗顔はしっかりと泡立てた洗顔料を使い、優しく行います。スクラブ洗顔料は肌への刺激が強いため避けた方がいいでしょう。一日の汚れを洗顔料を使用してしっかりと落としてきれいな状態にしましょう。

使用する洗顔料もできるだけ天然成分配合であったり、弱酸性、無添加のものを選ぶようにして肌への負担を軽減しつつ、汚れを落としましょう。

 

②クレンジング

洗顔だけでなく、クレンジングもとても重要です。メイクはしっかりと落とさなければ、肌に汚れが残ってしまいます。

この肌の汚れが雑菌が繁殖する原因となり、肌トラブルの原因となってしまうのです。毛穴に汚れが溜まってしまった場合はアクネ菌が増殖し、ニキビを作ってしまいます。

アイメイクにはアイメイク専用のクレンジングなど、用途に応じたクレンジング剤を選びしっかりと落としていきましょう。クレンジング剤も天然成分などできるだけ肌への負担の少ないものを選び、できるだけ手短にメイクを落とすようにしましょう。

また、古い角質や角栓は肌トラブルの原因となるため、ピーリングも効果的です。余分な角質を取り除くことで肌の状態を良くすることができます。美肌菌は角質層の中にいるため、やりすぎは美肌菌を減少させてしまうので気を付けましょう。

 

③保湿

美肌菌を増やす方法

美肌菌を増やすスキンケアとして、化粧水だけでの保湿では不十分です。洗顔後は特に肌が乾燥しやすく、保湿しないと肌トラブルを引き起こしてしまいます。肌を乾燥から守るため化粧水の後は乳液や保湿クリームを使いましょう。

使用するスキンケア用品もアルコールフリーの敏感肌用や、無添加のものを使う方が好ましいです。防腐剤のような添加物の含まれたもの、アルコール成分の多く配合されたスキンケア用品は肌へ刺激を与えてしまいます。こういった添加物はかえって美肌菌を減らす原因となります。

化粧水や乳液で保湿をする際も、つけすぎるとこれも美肌菌を減らす原因となります。洗顔後、顔をこすらずにタオルで軽く押さえるようにして水気をとってから、適量を守り、肌をこすらないようコットンに含ませて優しくスキンケアをしましょう。

 

④肌断食

スキンケア商品について書いていましたが、肌断食というのもオススメです。肌断食とは2~3日化粧をせず、洗顔の際も洗顔料を使わず、スキンケア用品も使わないというものです。

メイクはしっかり落とさないと肌トラブルに繋がりますが、クレンジングも肌へいい影響を与えるとは言えません。

肌のために使用するスキンケア用品でさえ、肌に刺激を与えているのです。そこで化粧をしないお休みの日を作ってあげることで、美肌菌を守るという方法です。

肌断食について詳しくはこちら
肌断食とは?肌断食がもたらす驚異的な効果
肌断食に挑戦してみて。効果はあった?期間は?

 

⑤メイク

美肌菌を増やす方法

リキッドファンデやBBクリームのような、肌にべったりと塗って密閉する化粧品は皮膚呼吸を妨害するだけでなく、化粧品に含まれた化学成分が美肌菌を死滅させてしまいます。ベースメイクを1日中塗るということは、美肌菌を殺すようなことなのです。

とはいえ、ベースメイクをやめるというのはとても難しいことです。そこで石鹸で落とせるファンデーションなど肌への負担を軽減させた商品も開発されています。

できるだけ重ねるメイクや厚塗りを避け、皮膚呼吸のできる状態を意識してあげることが大切です。

 

⑥お風呂

お風呂で身体を温めることはとても大切です。しかし、できればぬるめの温度でお湯に浸かるのが好ましいです。

熱いお湯に長い時間使ってしまうと肌がふやけてしまい、角質層が破壊されてしまいます。角質層が破壊されてしまうことで中にいた美肌菌も逃してしまうことになるのです。

お風呂はぬるめのお湯でさっと済ますのが美肌菌にはうれしいのです。

 

⑦運動

美肌菌を増やす方法

軽い運動で汗をかくことも効果的です。汗をかくとどうしても洗いたくなりますが、この汗はかいたまま寝ることで美肌菌の餌となります。

お風呂上がりの身体が温かい状態で軽いストレッチやマッサージなどを行ってリラックスしつつ軽く汗をかき、そのまま寝るのが理想です。

 

⑧食事

肌の調子を整えるためには腸内の調子も整える必要があります。

腸内の善玉菌を増やすためにヨーグルト(乳酸菌が多く含まれる)、納豆(納豆菌が含まれる)、塩麹(麹菌が含まれる)、味噌や糠漬け(発酵食品)、きのこや海藻(食物繊維が多く含まれる)などを摂取すると、腸内環境を整える手助けをしてくれます。

老廃物や毒素を排出してくれるため、肌へもいい影響を与えてくれます。

特に乳酸菌は腸内だけでなく美肌菌を増やすものとして注目を浴びています。乳酸菌を使ったスキンケア商品も販売されており、食べるだけじゃなく塗って乳酸菌を摂り入れようという方法です。

今は菌活コスメといった美肌菌のバランスを整えるための成分にこだわったスキンケア商品も存在します。無理なく継続していける自分に合った美肌菌の育菌方法を探してみてくださいね。

 

まとめ

美肌菌を増やす方法は肌に優しく生活するということで、誰もが理想とする方法だとは思いますが、汗をかいたままにするというのは意外なものですよね。

汗や皮脂も必ずしも悪いというわけではなく、肌の再生には必要不可欠なものなのです。正しいスキンケアで美肌菌を増やし、キメ細やかな美肌を育てていきましょう。

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

Linoの注目記事を受け取ろう

美肌菌を増やす方法

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Linoの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

アンズ

アンズ

2人の娘を育てる専業主婦です。家に居られるうちにいろんな知識をつけたくて美容や節約など様々なジャンルを勉強中。みなさまのタメになる情報をお届けします!

この人が書いた記事  記事一覧

  • ナイトブラの選び方は?選び方で効果が全然違う!

  • ナイトブラのバストアップ効果とは?いつから効果がでるの?

  • セルライトは運動で落ちる?効果的なセルライトの落とし方

  • セルライトエステは何回で効果を実感できる?

関連記事

  • 2017年のトレンド水着は?可愛く目立つトレンド水着20選

  • 乾燥肌におすすめ。美肌に効果的なサプリメント

  • 簡単!スポンジで白グラデーションネイル

  • 簡単&プチプラでマットネイル

  • 霊芝が美容にいい?霊芝ってなんだ?

  • 絶対家にあるアレで!簡単冬ネイル♪