1. TOP
  2. ライフスタイル
  3. アメリカ生活のメリットは?一生の経験になることも!

アメリカ生活のメリットは?一生の経験になることも!

ライフスタイル
この記事は約 7 分で読めます。 6 Views
アメリカ生活のメリット

アメリカ生活と言われると治安や差別、高い物価など不安な面ばかりが浮かんでくる人も多いと思います。確かにニュースでも社会問題などが浮き彫りにされることがあります。

ですが外から見た印象と、実際に住んで分かることは全く違います。アメリカ生活はうまくいけば「英語がうまくなる」「外国人と知り合える」「就職に強くなる」など人生のバネになる可能性も高いです。

ここではアメリカ生活のメリットについてまとめました!

 

sponsored

アメリカ生活のメリットまとめ!人生に大きく関わるものも

アメリカ生活のメリット

アメリカ生活の嬉しいことと聞くと、ぼんやりと浮かぶのは英語の上達や国際結婚などではないでしょうか。お金持ちと結婚してセレブ生活を夢見る人もいるかもしれません。ここでは主に筆者や筆者の周りの人が体験した、実体験を重点的にまとめました。

 

アメリカ生活のメリット①英語がうまくなる

英語の上達は分かりやすいメリットです。日本で時間があるときに受ける英会話レッスンとは違い、家の契約や仕事、授業など英語が理解出来なければ生活が出来ません。何よりそのプレッシャーが英語を上達させてくれます。

何年も勉強している人より、数年の留学経験者の方がうまいのも追い込まれる環境に身を置いているからだと実感します。帰国後も英語の上達は無駄にならないのは嬉しいですよね!

 

アメリカ生活のメリット②就職に強い

アメリカ生活のメリット

上の①に引き続き、留学経験者は英語の他に就職に強くなれるのもアドバンテージと言えます。アメリカのみならず英語が出来れば、他の英語圏でも仕事を探すことが出来ますし、帰国しても海外大学卒業者限定の求人は多くあります。

筆者もアメリカの大学を卒業後、同じコースを辿りました。ライバルも少なく、武器が英語と自分の専門と2種類あるのは心強いです。

 

アメリカ生活のメリット③素敵な出会いが多くある

普段日本で生活していては出会えないような、出会いに恵まれることもアメリカ生活の面白いことの1つです。他民族国家のため、白人黒人だけでなく、他のアジア圏や中東圏の人間とも知り合えるのはアメリカならではの魅力です。

友人や恋人が外国人の場合、そこからアメリカ含む外国に住んだり、仕事を紹介してもらえることも。日本人女性は国際結婚も珍しくなく、筆者の友達の日本人女性もかなりの数結婚しています。

 

アメリカ生活のメリット④失敗しても挽回するチャンスがある

アメリカ生活のメリット

アメリカはチャレンジの国とも言えます。日本はミスをしないこと、決められたコースから脱線しないことが大事と考える人が多くいます。よい意味でアメリカは失敗しても挑戦し続ける人に対して寛容です。

起業に失敗して数年棒に振っても就職出来る人もいますし、そもそも決められたコースというものがあまり存在しません。何事にも意欲的な人が歓迎される国柄と言えるでしょう。人種も貧富の差も多様ですから、決まったコースが存在しないのは当然なのかもしれませんね。

 

どんな人がアメリカ生活に向いている?

アメリカ生活のメリット

アメリカ生活のいいところをまとめたところで、次はどんな人がアメリカの文化や風習に向いているかです。「何となく〜〜の方が肌に合う」と考えて海外に住んでいる日本人は多くいます。アメリカの場合はどんな人が合うのでしょうか。

 

①人と違う生き方が気にならない人

人と違う生き方をしても気にならない人、自分のやりたいことを突き詰めたいと思う人は、アメリカの文化や考え方をフルに活かすことができるでしょう。

実際アメリカに住んでいるときに出会う日本人は、どこか風変わりな人ばかりでした。日本でエリート街道を歩んでいた人、お金があって移住して余生を楽しむ人、彼氏と結婚して住んでいる人などアメリカにいる理由は千差万別です。

「〜〜の人生が羨ましい。」
「自分より〜〜の方が上でイラつく。」
「常識的に考えたら○○でしょう。」

というような考え方をする人には逆に向いていないと言えます。それぞれ自分の人生を、好き勝手にエンジョイしてる人が多いです。

 

②チャレンジ精神旺盛な人

アメリカ生活のメリット

何か新しいものに挑戦したいと考えている人、プラス思考でドンドン道を切り開いて行くのが好きな人はアメリカに向いた性格と言えます。自分の意見をハッキリ言う、日本人のイメージする欧米人そのままかもしれませんね。

失敗してもやり直す機会が、日本より多い環境であることに触れました。それは同時に意欲的で前向き、チャレンジして成功を積み重ねて行く人でないと上に昇って行けないということでもあります。

「ほどほどの努力でほどほどの成果」を目指す人よりも、ガッツリがんばってガッツリ認められたいというエネルギッシュな人の方が活躍出来る国であるのは間違いありません。

 

③合理的でドライな人

「自分は理屈っぽい、べったりとした人付き合いが苦手」という人にはドライなアメリカの環境はマッチすると感じます。私の周りでもアメリカで成功を収めている人は、典型的な日本人とは一線を画していました。

ただその中でも「自分が困ったときだけ感情的になる」ような人は一気に評判が落ちてしまいます。感情の制御が出来ない、ヒステリックになってしまう人に対しては日本以上に厳しく見られると感じます。

 

④平凡な人生から抜け出したいと考えている人

アメリカ生活のメリット

アメリカ在住をきっかけに、今の人生から抜け出したいと思っている人にはぜひ長期滞在を考えてみて欲しいです。

留学やインターンシップ、旅行や転勤などでアメリカに来る機会は探せばいくらでもあります。日本と全く違う環境に触れることで、新しい価値観を発見出来るかもしれません。

筆者はアメリカに住んだ後は、どこか一ヶ所の国や考え方にとらわれる必要もないかなと考えるようになりました。アメリカに来る→英語が喋れるようになる→日本にこだわらなくなるという変遷をする人は非常に多いです。

 

個人的に嬉しかったことはどんなこと?

アメリカ生活のメリット

人によっては些細なことが嬉しかったり、逆に凹んだりする原因になったりします。海外生活であればその落差はより大きくなりがちです。

自分は嬉しくても他人にとっては全く何でもないこと、ということもよくあります。ここでは筆者がアメリカ生活で感じたちょっとした嬉しいことをまとめました。

 

①花粉症にならない

スギがないため、花粉症に悩まされることがなかったのは地味に嬉しいポイントでした。薬を飲むとぼーっとしてしまったり、くしゃみで他人に不快な思いをさせているのではないかと気にする必要もありません。

花粉症にならないことで、集中力が思った以上に持続するのは嬉しい誤算でした。花粉症の人は海外に行ってみるとその悩みから解放されることが多いです。

 

②風邪を引きにくくなった

アメリカ生活のメリット

2つ目は風邪を引きにくくなったことです。最初はアメリカの高タンパク高カロリーな食事が影響しているのかなと思いました。ですが和食はバランスが取れていると世界的に言われており、アメリカの食生活よりもよい点が多いです。

2年くらい住んだ後に気付いたのですが、四季がない(=気温の変化が少ない)ため、「急激な気温の変化に、からだがついていかない」という状況が起こらなかったのがポイントだったのかなと感じます。

最近急激に冷え込んできて朝起きるのもつらい、というような状況にならないのは朝に弱い人にとっては嬉しいですよね!

 

③生の英語を勉強出来る

これは特に英語を勉強したい人向けです。日本にいては分からないようなことでも、アメリカに住んでいればふとした時に学ぶ機会が訪れます。アメリカンジョークや流行りのスラング、便利な言い回しや人を不快にさせない断り方など。

自分で勉強しようと意識しなくても、日常生活でぐんぐん英会話が上達していきます。分からない言い回しが出てきたら調べる癖をつけておくだけでも、数年で英語力は見違えるほど上達します。生きた英語を学べるのはやはり英語圏の特権です。

 

まとめ

アメリカ生活のメリットをまとめてきました。アメリカでは日本と違うことも多くありますが、逆にその違いを経験することで成長出来る点も多々あります。

特に学歴、英語力、人との出会いなどは後では取り返しがつかないこともあります。自分が学べるうち、やる気のあるうちに海外に飛び出してみるというのも1つの選択肢としてはいいかもしれません。日本にいるときよりも将来の幅が広がるのは、海外生活の強みだと言えます。

海外に行こうかどうか悩んでいる、という人は短期の旅行からでもよいと思います。1度飛び込んでみたら、きっと素敵な経験が出来るはずです!

 

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

Linoの注目記事を受け取ろう

アメリカ生活のメリット

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Linoの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

Daisuke.U

Daisuke.U

大学含めて6年ほどアメリカに住んでいました。
「貧富の格差が広がるほど高級ブランドを持つことがよりステータスとされるのでは」と思いアメリカの大学でイタリア語を専攻しました。

帰国した後イタリア語を活かせる職場を探すもありませんでした。笑
結局英語の通訳を経た後、在宅ワーカーを選びました。
苦労なく自然に読み進められる記事が書けるようがんばります!

この人が書いた記事  記事一覧

  • 留学エージェントは必要?使った方がいいパターンは?

  • 留学のホームステイは快適?よいホストファミリーを見つけるコツも!

  • 留学の一人暮らしはオススメ?気になるポイントまとめ!

  • 男性から見た高身長女性の魅力とは?身長は関係ない!

関連記事

  • 簡単!ホットケーキミックスを使った旨すぎるお菓子レシピ20選

  • 安定した職業(仕事)の情報!女性の安定した職業とは?

  • お金がなくても大丈夫!無料で遊べるスポット関西編15選

  • すぐに集中したい!驚くほど効果がある!?集中力をアップする方法20選

  • 結婚前の同棲はあり?メリットデメリットまとめ#結婚前#同棲

  • 眠れない夜の過ごし方12選。無理に寝ようとするのはよくない!!