1. TOP
  2. ライフスタイル
  3. アメリカ生活で困ることは?日本とは違う点も!

アメリカ生活で困ることは?日本とは違う点も!

 2018/09/27 ライフスタイル
この記事は約 8 分で読めます。 6 Views
アメリカ生活のデメリット

アメリカへは観光、仕事、移住などを目的として旅立つ日本人も多くいます。先進国だけあって満足出来る生活をしている日本人もいますが、やはりアメリカも外国。困ることも日本にいるときと比べて頻発します。

筆者も大学入学〜卒業して更に数年はずっとアメリカに住んでいましたが、文化が違うせいで損をしたりトラブルに巻き込まれることもよくありました。アメリカでの不便な点は「車が必要不可欠なこと」「簡単に住環境を変えることが出来ないこと」にまとめられると感じます。

私は結局それでもアメリカが好きですが、旅立つ前に知っておくことで備えられる点も多いはず。ここではアメリカのデメリットについてまとめました!

 

sponsored

アメリカ生活のデメリットは?お金に関する問題多し!

アメリカ生活のデメリット

アメリカ生活のデメリットを早速まとめていきたいと思います。先進国ということもあり、特別苦労があるということはありません。

逆にちょっとの注意点をケアすることでアメリカ生活は格段に楽になるはずです。日本人がデメリットと感じやすい点をまとめました!

 

①1人暮らし用の物件が少ない

アメリカ生活で最初に困ることは、なかなか1人暮らし用の物件が見付からないことです。そもそも1人暮らし用の物件は数が少なく、あっても学校や職場から遠い郊外に位置していることが多いです。

ルームシェアが当たり前となっているアメリカでは、理想の1人暮らし用の部屋を見付けることは難易度が高いです。見知らぬ人とのルームシェアは無理、という人にはアメリカ生活は辛いかもしれません。

 

②どこに住んでも車は必要

アメリカ生活のデメリット

2つ目に、どこに住んでも車が必要なことがあげられます。アメリカは国全体が車社会で、社会システムも車ありきでつくられています。

この車社会を「車があれば日本より便利」ととるか「アメリカ生活は不便だ」と考えるかで生活の難易度は変わってきます。

 

③生活コストを安く抑えることが難しい

アメリカはアジア諸国と違い、生活コストを抑えることは非常に難しいと感じます。先進国であること、また先述の車社会であることが原因の1つとなっています。

自炊をして安くコストを抑えようと思っても、家具食器を買いに行くのにまず車が必要だったり、大きなものを買うのに配送サービスがそもそもなかったりします。

「競ってセールする」という概念があまりなく、探しまわって安くてよい住環境を求めようとしている人にはきついかもしれません。

 

④引っ越しが大変

アメリカ生活のデメリット

日本のような梱包から配送までやってくれる引っ越し業者はそもそも存在せず、自分でトラックをレンタルして運ぶのが現実的な引っ越し手段です。新居に運び終わった後は、事務所にトラックを返さなければなりません。友達に帰りの車を用意してもらわなければならないといけないなど、不自由も多いです。

外国には外国ならではのライフスタイルがつきものですが、予想もしてないところでアメリカ生活の現実を突きつけられることもしばしばあります。

 

⑤生活費を抑えようとすると危険もある

生活費を抑えるのが大変だということを述べました。関係するデメリットの1つとして、何とか出費を抑えようとすると危険がついてくるのも考えものです。

日常での出費を抑えられる方法は

  • 治安の悪い地域に住む
  • アクセスの不便な場所に住む
  • 多くの人間とルームシェアをする(電気代や通信費を割れる)

など日本人にとっては抵抗のあるものが多いです。「少し気をつけることで安くなる」という現象がないのはアメリカ生活の困ることかもしれません。

 

⑥医療費が高い

アメリカ生活のデメリット

アメリカには日本のような国主導の医療制度がなく、民間の保険会社に入ることになります。費用も高く、外国人には制限があるものも多いです。

結果的に海外旅行保険などに入る人も多いのですが、海外旅行保険はあくまでも日本で受けた治療費と同等の値段しかカバーしてくれません。

救急車と数日の入院で100万円越えを請求されることもよくあります。緊急手術となってしまっては目も当てられません。不慮の入院から手術で、自己破産まで行ってしまう外国人も数多くいるのがアメリカ生活の現実です。

 

在住してから気付く、意外と気をつけなくてもいい点は?

アメリカ生活のデメリット

アメリカ生活で困ることを経験もまじえて紹介しました。ネットでは更に多くの情報が行き交っています。どれが本当の情報でどのくらい重要か判断するのも、滞在経験がないと難しいと感じます。意外と気にしなくてもよい点をまとめました。

 

①治安がよいところは多い

アメリカと言えば治安が悪い、というイメージはどうしてもつきまとうと思います。確かに犯罪率を見ると日本よりも高いですが、アメリカの場合は本当に場所によります

日本の東京でも場所によって治安は大きく違います。ひとまとめに「東京の治安」としてまとめるのは乱暴ですよね。増してアメリカという国全体で捉えるのは難しいです。

家賃や周囲の環境次第では日本の田舎以上に安全な場所も多くあり、筆者は週5回、深夜2時頃に外をランニングする生活を4年ほど続けていましたが、1度も危ない目に会うことはありませんでした。

アメリカでの治安は日本以上に場所によるため、住居を選ぶときはより慎重に選ぶ必要があります。

 

②チップで損をすることは少ない

アメリカ生活のデメリット

チップという文化のため、最終的に出費が多くなるということを述べているサイトも見かけます。主に外食でかかってくるチップ、確かに合計で見ると大きく感じてしまいます。

ですが外食の場合、量も日本とは比べ物にならないくらい多いです。外食の際は残ったものを箱を用意してもらい、持ち帰ることも出来るため、トータルで見るとチップはほぼ無視出来るレベルと言えます。

短期で滞在し、タクシーを頻繁に使う、ツアーガイドを次々に雇う場合などはもちろんチップ代もかさんでしまうでしょう。ですが現実的な生活、観光をしていればチップが問題になることはありません。

 

③差別は想像しているより少ない

差別に関してもよく取り上げられます。黄色人種は差別されるという意見をいまだに見ることは多いです。ですが筆者がアメリカに住んだ中で、差別を受けることはありませんでした。

西海岸に住んでいたこともあり、多種多様な人種が入り交じる地域だったのが大きかったのかもしれません。当時はインターネットの情報も多くなく、実際に自分で確かめるしかありませんでした。後でネットで情報を調べるようになって驚いたことを覚えています。

地域にもよると思いますが、少なくとも強烈な差別を受けるということは想像よりもずっと少ないはずです。

 

アメリカでの失敗体験談

アメリカ生活のデメリット

アメリカに長くすんでいればいるほど、思わぬところで思わぬトラブルに遭遇することもあります。ここでは筆者の滞在経験で、不注意で起こしてしまったトラブルや予想外の出来事を短くまとめました。

 

①日本の資格は役に立たない

筆者はアメリカの大学で勉強したことと、日本で取った資格を活かして就職しようと最初考えていました。ですが日本では資格として認められていても、アメリカでは無資格として扱われます

国が違うのですから当然といえば当然ですが、最初は頭が回りませんでした。何とも間が抜けていますね。

日本で国家資格を取った場合でも、アメリカでは何の役にも立たないこともあります。アメリカ込みの将来設計を考えている人は注意しましょう!

 

②ウィードに気をつける

アメリカ生活のデメリット

アメリカではウィードと呼ばれる大麻が流行しています。おおっぴらには売っていませんが、誰でも簡単に手に入れられます。難易度的には日本で未成年飲酒をするのと同じくらいでしょうか。

友人がウィードを吸っているということもアメリカではよくあります。筆者はウィードを吸っていませんでしたが、吸わない人でもにおいには気をつけましょう。

 

知人数人と話をしていたとき、ウィードを吸っていた人がいました。その時は何の気にも留めなかったのですが、かすかに私の服にもウィードのにおいが残ってしまったようでした。

室内に入った後同僚や上司から、ウィードをやってきたのではないか、といぶかしがられてしまったんですね。当然やってないと言っても疑いを完全に拭うことは出来ません。やっててもやってないという人の方が多そうですよね・・・・。

タバコのにおいなども一緒かもしれませんが、アメリカ人はウィードのにおいに敏感です。不必要なトラブルに巻き込まれないように、注意しましょう!

 

まとめ

いかがでしたか。アメリカ生活では文化や習慣の違いから、思わぬところに落とし穴があることもあります。ですが、大抵の場合は何とかなってしまうのはアメリカのよいところだと感じます。

その中でも車や医療費など、普段の生活に関わることはしっかり抑えておきましょう。気をつけることで、不必要な面倒事に巻き込まれることをぐっと減らし、快適な滞在を楽しむことが出来ます!

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

Linoの注目記事を受け取ろう

アメリカ生活のデメリット

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Linoの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

Daisuke.U

Daisuke.U

大学含めて6年ほどアメリカに住んでいました。
「貧富の格差が広がるほど高級ブランドを持つことがよりステータスとされるのでは」と思いアメリカの大学でイタリア語を専攻しました。

帰国した後イタリア語を活かせる職場を探すもありませんでした。笑
結局英語の通訳を経た後、在宅ワーカーを選びました。
苦労なく自然に読み進められる記事が書けるようがんばります!

この人が書いた記事  記事一覧

  • 留学エージェントは必要?使った方がいいパターンは?

  • 留学のホームステイは快適?よいホストファミリーを見つけるコツも!

  • 留学の一人暮らしはオススメ?気になるポイントまとめ!

  • 男性から見た高身長女性の魅力とは?身長は関係ない!

関連記事

  • お金がなくても大丈夫!無料で遊べるスポット関西編15選

  • 絶品!!何回食べても旨すぎるサンマ人気おすすめレシピ20選

  • 休日の予定がない。暇な時にする過ごし方10選

  • 新人ナース必見!!新人ナースにぴったりの転職サイトまとめ

  • お金が貯まる生活!今の生活習慣を変えるだけで何万円もお得に!

  • 大阪で安い服屋をお探しならここ!大阪の激安衣料品店まとめ