1. TOP
  2. ライフスタイル
  3. 30代の転職は失敗しやすい?30代転職のポイント!

30代の転職は失敗しやすい?30代転職のポイント!

ライフスタイル
この記事は約 14 分で読めます。 6 Views
30代転職

「あー、今の仕事やめたい」と思ったことがあるのはあなただけではありません。そんな人が多いからこそ転職相談口もあり、数々の転職サイトも潤っています。

しかし実際のところ、30代の転職はプラスに働くのでしょうか。もちろん現職と転職先にもよりますが、30代での転職によって給与が増えたり、待遇が劇的に改善する人はいます。

一方で30代での転職は失敗してしまうと後戻りができないこともよくあります。

転職希望者の多くは現職への不満から転職を考え始めるため、よい転職に最も大事な心がけは焦らずしっかりとリサーチをすることと言えるでしょう。

 

sponsored

30代の転職は失敗しやすい?どんなリスクがある?

30代転職

30代での転職は20代のときより厳しいと言われることもあります。

1度失敗すると取り返しがつかないと言われることもありますが、その一方で1番成功する転職は30代とも耳にします。

どのような理由から30代での転職はリスクがあると言われるのでしょうか。代表的なものを見ていきましょう。

 

①過去の経歴に一貫性がない

仕事での過去の経歴や成し遂げて来た内容に一貫性がない場合、転職先からは「この人は一体何ができるんだろう」と思われてしまいます。

今まで何をしてきたか、現在何ができるのか不明瞭な人は書類審査や面接の段階で落とされてしまうことが多いです。

現在の職場に不満を抱いていて、転職したいと考えている人は注意が必要です。やめた後にアピールできるような長所をキチンと持っているでしょうか。

 

②年収アップにこだわる

30代転職

転職後の年収へのこだわりを捨てられないのも、転職を失敗する典型例と言えます。30代での転職はライフステージを考えた場合、とても重要な転換点です。

その際に年収は確かにトップに食い込んでくる重要事項です。ですが、年収にこだわりすぎてしまって労働条件が悪くなってしまうことは充分に考えられます。

通勤時間が長くなったり、休日への束縛が強かったり。最悪の場合、就職先がすぐに見付からず転職活動が1年を越えて長期化してしまうこともありえます。

 

③優先順位をつけられない

転職する際の優先順位をつけられないのも、転職でよくある失敗パターンです。何がトッププライオリティで何が妥協できるか、うまいこと落とし所を見付けることが転職では必須です。

「年収アップは外せないし、転勤あるところはきつい。夜間シフトがあるところはちょっと・・・ここは理想的だけど職場まで遠いし」など頭の中で条件が整理できていないと転職は失敗しやすくなってしまいます。

職場の悪いところが先に目についてしまう人は多いでしょう。人によってはそれが発端で転職を考え始めることもよくあります。

ですが現在の職場から離れることが第一目的になってしまっては、うまくいくものもいきません。事前にキチンと優先順位をつけてから退職、転職を心がけましょう。

 

④前職の不満を引きずってしまう

30代転職

前職での不満を持ちつつ転職し、結局問題が解決されないこともあります。同業種に転職した場合はありがちです。

前職をやめた理由もハッキリと話すことは難しくなってくるでしょう。かといって面接で前職の不満をぶちまけたところで、転職先からの評価がよくなるということもありません。

以前の会社でのやり方に必要以上に固執してしまうことも、転職後の人間関係を悪化させる原因となります。柔軟性と妥協はよい転職に必要不可欠な要素と言えるでしょう。

 

30代の転職率は?

30代転職

続いて気になる30代の転職率です。30代で転職する人はどれくらいいるのでしょうか。20代より少なく、40代よりは多いのではないかと予想している人が多いことと思います。

 

①30代での転職率は10%ちょっと

厚生労働省による「平成 29 年雇用動向調査結果の概況(https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/koyou/doukou/18-2/dl/gaikyou.pdf)」によると

男性
30-34歳 10.2%
35-39歳 8.6%

女性
30-34歳 13.0%
35-39歳 11.7%

となっています。

 

②女性はパートからの転職も多い

女性の方がパートに就く機会も多いため、転職する機会は男性よりも多めとなっていることがうかがえます。

合計で見るとどれも10%付近となっており、10人のうち1人が転職していることになります。

なお、この転職率は「1年のうちに転職した」割合であるため、転職自体の経験者の割合は更に高くなります。

 

③転職者の平均年齢は31.7歳

上記の統計から、30代での転職者数はまだまだ多いと言えます。転職した全ての人を対象にすると、平均年齢は31.7歳となります。

ちょうど職場に慣れ「更なるスキルアップや、よい転職に30代は最適」と考えている人は多いようです。

転職理由でも後述しますが、現在の職場に不満を持っているから転職したい、と思っている人は多数います。

人生のキャリアプランを決定付けるとも言える30代の転職。転職サイトや30代の転職志望者が多い、土壌が整った状態と言えます。

自分の準備不足で「こんなはずじゃなかった」とならないよう、しっかりとリサーチすることをオススメします。

 

30代の転職理由は?

30代転職

毎年10人に1人は転職していることが分かりました。業種にもよると思いますが、職場の人員を見ていても納得できる割合かもしれませんね。

そんな転職希望者たちは一体どのような理由で転職を決意するのでしょうか。引き続き「平成 29 年雇用動向調査結果の概況」をもとに30代の転職理由の代表的なものを以下にまとめました。

 

①収入が少ない

30代転職希望者の理由、1つ目は現職の収入が少ないというものです。これは30代男性の転職理由トップで、平均すると16%の男性はこれを理由に転職を決めています。

30代になってくると昇給などで20代の頃よりも多くの給料を貰えることが多いです。しかし中には20代の頃と変わらず、これから先も増額が見込めない職場もあります。

特に男性は30代になると、家族を支える大黒柱として稼がなくてはならないケースもあります。給与が仕事の全てではありませんが、転職を考えるには充分すぎる理由です。

 

②労働条件が悪かった

30代転職

男性の1位の理由が収入なのに比べ、女性の第1位は「労働条件が悪い」となっています。こちらは30代女性の転職理由の15%を占めています。

休日や労働時間など、貰える給与や余裕に比べて待遇が悪いと感じてしまうことは転職でもよくあることです。①と共に納得の行く理由ではないでしょうか。

そもそも現職に不満がなければ転職しようと思いつかない人がほとんどだと思います。「転職しようかな」と思う背景には、現在就いている職への不満があることが浮き彫りとなりました。

加えて女性の場合は独身時代で働いているときから生活環境が変化することもあげられます。結婚、出産を機に転職するケースは多いです。

育児や通勤が難しいことから労働条件が合わないと考える女性の票も集まる結果となっています。

 

③職場の人間関係がよくなかった

こちらは女性の転職理由としてよく見られる理由です。女性の15%が理由としたのに対し、男性では7%と半分にまで落ち込んでいます。男女で分かれる結果となりました。

職場の人間関係は、良好な仕事を続けていく上で必要不可欠です。特に毎日会う同僚や上司との関係がかんばしくないのは強烈です。

夢に出て来たり、日曜の夜にお腹が痛くなるなど、軽度の鬱を発症してしまう人もいます。

女性の方が男性と比べ、人と多く話す職業に就きやすい傾向があります。受付や事務会計、ウェイトレス、コールセンターなどは女性の占める割合が多いです。

一方で土木建設やライン作業などは、いまだに男性が多く「男の仕事」「女の仕事」といったイメージが暗に働いているのかもしれません。

 

30代の転職!未経験職種への転職は?

30代転職

30代での転職を機に、思い切って新しい職種にチャレンジしてみようと考える人もいます。

「現職の待遇が悪いから」と考えている人にとってはもちろん、そうでない人も未経験への職種へは興味がそそられますよね。

 

①未経験職種に就きたい人は8割越え

20代転職希望者の9割は、未経験職種への興味があります。 8800人に聞いた「未経験職種へのチャレンジ」(https://corp.en-japan.com/newsrelease/2017/11737.html)の記事によると30代の転職希望者のうち81%が未経験職種にチャレンジしてみたいと考えていることが分かりました。

20代では89%、全体で見ても8割を越えていることから大多数の転職希望者は未経験職種に興味を持っていることが分かります。

 

②自分に合った仕事に就きたい

未経験職種に就きたいと考えている人の理由の中では「新しい職種、興味のある仕事に就きたい」が7割越えの圧倒的多数を占めました。続いて給与をあげたい人が4割で2位につけています。

このことから「給与よりもやりたい仕事に就きたい」との意見を持っている傾向があることがうかがえます。給与をあげたいと感じる人も、目先の給料だけで見ているわけではありません。

年齢、経験と共にスキルアップできる環境へ転職を希望している人が多いです。転職希望理由は20代でも30代でもほぼ変わっていないことも特徴です。

 

③未経験ならではの不安も

また、未経験への転職希望者は不安を抱えてもいます。確かに前の職場でのやり方にこだわるのはよくない転職パターンですが、かといって全く未経験の業界に飛び込んでいくのは勇気がいることです。

1番不安な点として62%の30代が「未経験でも受け入れられるか不安」との理由をあげています。

転職活動中の期間が空いてしまうことは誰にとってもさけたいため、受け入れてもらえる職種かどうかは早く把握しておく必要がありますよね。

同様に「充分な研修があるか」も気になる要素としてあげられています。全員が横並びでスタートする時とは違い、自分1人が同世代の中で未経験というケースもありえます。

しっかりとした研修があるか、いきなり実地に放り込まれやしないかなど、教育制度を気にしている人も多く見られます。

 

30代の未経験職種への転職は年収がダウン?アップ?

30代転職

未経験職種への転職を考えるときに、やりがいと共に気になるのが給与です。家族をメインで支える30代は多いため、給与が高くなければ自分だけでなく家族の生活にも影響してきます。

 

①30代の平均年収は?

OLの給料とは!年収や月収、ボーナスをまとめました!OLの給料とは!年収や月収、ボーナスをまとめました!という記事でも以前に年収について扱ったことがあります。

30~34歳
女性 315万円
男性 461万円

35~39歳
女性 313万円
男性 517万円

30代会社員の平均年収では以上の結果になっています。注目するべき点として、女性は30代の前半後半で年収の変動がほぼないこと。

一方の男性は、30代前半と後半で年収に大きく差があることがあげられます。

 

②年収変化のカギは30代前半に

男性の場合、30代後半ともなると昇進に伴う給与の増額や特別手当が増えることが関係しています。女性の場合は30代後半までに結婚し、家庭に入ってパートに出る人も増えます。

これらの男女の違いが30代での平均年収にもあらわれています。特に30代後半での転職で年収がダウンすることは避けられないでしょう。

「今の職ではスキルアップできない」と感じている人は30代前半で未経験職に転職するのも1つです。短期では年収減でも長期では増える見込みがあります。

キャリアアップによる給与増額を求める人は、差が出始める30代後半の更に前に転職しておくことをおすすめします。

 

30代から目指せる職業は?

30代転職

転職希望者はそのほとんどが未経験にも興味があるとのことでした。では30代からでも目指せる、未経験職種にはどんなものがあるでしょうか。

  • 飲食業界
  • 介護関係
  • 土木建築
  • 運送
  • サービス業

などがあげられます。パートではなく正社員で30代からと考えると、1から未経験で雇ってもらうことは他の職種では厳しいです。

上記の職種であれば、30代に突入してからでも正社員としての雇用はまだまだあります。

ブラック、きつい、シフト勤務、長時間拘束などもあるでしょうが、自分で妥協できる落としどころをうまく見付けることがキモとなります。

実務経験でどんなスキルが積めるのか、将来も安定する業界なのか、万が一次やめたときにどうなるかなどを事前に考えておきましょう。

 

30代の転職にとっておきたい資格

30代転職

30代で転職する際、有利に働く資格も気になりますよね。「過去の自分がどんな経験を積んできたか」を手短かに示す材料にもなります。

役立つ資格という視点で考えるなら、ほぼ国家資格のみと言えます。

  • 薬剤師
  • ファイナンシャルプランナー
  • 公認会計士
  • 税理士
  • 公務員
  • 行政書士

などどれも取得に時間がかかる上、場合によっては試験を受けるスタートラインにすら立てないものもあります。

ですがその分転職での効果も抜群であり、実地経験と合わせれば転職もよりスムーズに運ぶでしょう。

法律や医療、不動産や金融の資格を持っていると転職も有利に運ぶと言われています。これらの資格を持っている人は「キャリアアップのための転職」に意欲的なのも特徴です。

国が課している試験をパスすることは、それだけその人の職場での優秀さを示すアドバンテージになります。

 

30代転職おすすめの転職サイト

30代転職

最後はおすすめの転職サイトのまとめです。インターネットを使った転職サイトが一般的となった現在では、数多くの信頼できる転職サイトが運用されています。

おすすめとされる転職サイトは掲載数や内定数が多く、また転職エージェントがいるかどうかもキーとなってきます。

 

①リクルートエージェント

内定数国内ナンバー1を誇る転職サイトがリクルートエージェントです。

内定数が多いということは、これ以上ない強みであるとともに有能な転職コンサルタントを多く用意しているということでもあります。

集まる人が多い分、リクルートエージェントは人の扱いや転職のアプローチの仕方も豊富に知っているでしょう。

転職サイトはあまり「どれに登録しようか迷う」ということはないと思います。

ですがリクルートエージェントは実績から見ても候補から外さずに、しっかり登録しておくことをおすすめします。

 

②doda

dodaと書いてドゥーダと読みます。こちらもリクルートエージェントと同じく知名度がある転職サイトで、CMなどで目にしたことがある人も多いと思われます。

dodaはパッと見の分かりやすさに秀でています。スカウト機能や転職についてのQ&A、豊富な案件数など大手転職サイトと呼ばれるに相応しい場所と言えるでしょう。

リクルートエージェントよりも新卒や第二新卒よりの求人も多いため、若いうちから30代の転職を考えている人にも役立つこと間違いなしです。

 

③エンエージェント

enジャパンによって運営されている転職サイトです。enジャパン自体は人材派遣会社としてとても知名度がありますが、エンエージェントはそうではありません。

エンエージェントの強みは適性テストにあり、テストの結果に応じて転職相談を進めていくというスタイルをとっています。

じっくり自分と向き合いたい、適性を見付けたいという人はこちらがよいでしょう。

案件数の多さにばかり気をとられていても、自分にフィットした就職先が必ずしも見付かるとは限りません。

他のサイトと登録を平行しつつ、自分にフォーカスをあてた考え方をするのも転職では大切になってきます。

 

まとめ

30代での転職について転職希望者の声や実際の転職状況、また役立つ資格やサイトをまとめました。

キャリアアップによる年収に差が出始めるのは、35歳を越えてからだと言われています。既にスキルを積んでいる人は転職もしやすいですし、年収ダウンも免れることが多くあります。

逆に手に職をつけたいと思っている人にとって、30代前半は最後の防波堤でもあります。

しっかりとリサーチをして正しい判断をすることで、仕事内容のみならず30代後半以降の給与にも期待が持てるでしょう。

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

Lino輝く女性になるためのメディアの注目記事を受け取ろう

30代転職

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Lino輝く女性になるためのメディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

Daisuke.U

Daisuke.U

大学含めて6年ほどアメリカに住んでいました。
「貧富の格差が広がるほど高級ブランドを持つことがよりステータスとされるのでは」と思いアメリカの大学でイタリア語を専攻しました。

帰国した後イタリア語を活かせる職場を探すもありませんでした。笑
結局英語の通訳を経た後、在宅ワーカーを選びました。
苦労なく自然に読み進められる記事が書けるようがんばります!

この人が書いた記事  記事一覧

  • 仕事や転職に役立つ資格のおすすめは?一生使える資格はどんな資格?

  • 30代の転職は失敗しやすい?30代転職のポイント!

  • 20代の転職におすすめの職種は?20代の転職は失敗しやすいの?

  • 40代転職の現実とは?40代でする転職の成功率や資格についても

関連記事

  • 新人ナース必見!!新人ナースにぴったりの転職サイトまとめ

  • 大人ならではの休日の過ごし方とは?おすすめの過ごし方10選

  • ここに決めた!女子旅に人気おすすめ国内旅行スポット20選

  • ひとり旅って楽しいの?メリットやデメリットからひとり旅を知ろう!

  • お金をかけずに美肌を目指そう!驚きの美肌術

  • 一人で過ごす有意義な休日の過ごし方は?なぜ人は一人がいいのか?