1. TOP
  2. 看護師
  3. 漿膜

漿膜

看護師
この記事は約 1 分で読めます。 165 Views

漿膜とは、腹膜、胸膜、心膜などの内面や内臓器官の表面をおおう薄い半透明の膜のことである。これらの漿膜により、中の臓器(腹腔、胸腔、心臓)は守られています。

漿膜の表面には、漿液を分泌されています。これは、筋運動による摩擦から臓器を守るために分泌されています。

漿膜がない臓器→食道

 

 

Sponsored Link



 

Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

NON

NON

新卒から看護師として働いており、仕事も楽しく一生看護師として全うしようと思っていました。しかし、ある出会いで副業について知ることになりました。そして、一生看護師として働くことに疑問を持ってしまい、今は看護師休憩中。働いていた中での看護師の知識をはじめ、美容や健康など働く社会人に役立つ情報を発信します。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【震撼】ファイトケミカルスがすごい!驚くほど良くわかるファイトケミカルスのまとめ。

  • サプリメントで健康被害?!サプリメントって体に悪いの?

  • 美肌菌を育てる!オリゴロジックをおすすめする理由

  • 眠れない夜の過ごし方12選。無理に寝ようとするのはよくない!!

関連記事

  • 人工呼吸器(侵襲的陽圧換気/IPPV)の目的やモード、合併症について。

  • 新人ナース必見!!新人ナースにぴったりの転職サイトまとめ

  • 呼吸仕事量

  • 医学書・専門書買取はどこがいい?評判を徹底比較!!

  • PEEP(呼気終末陽圧)

  • 食道がんの手術後に人工呼吸器がついているのはなぜ?