1. TOP
  2. 看護師
  3. PEEP(呼気終末陽圧)

PEEP(呼気終末陽圧)

 2016/08/02 看護師
この記事は約 2 分で読めます。 257 Views

PEEPとはpositive end expiratory pressureの略で、呼気終末陽圧と日本語ではいいます。

PEEPは、人工呼吸器の呼気(酸素を送り出す)の終了時に回路内の圧力を0mmHgにせずに、呼気の終わりにも一定の陽圧をかけたままにします。

つまり、風船で例えると、風船を膨らまし、完全にしぼませるのではなく、少し風船内に空気を残している状態という感じです。

そうすることによって、次に息を吸い込むときに肺が膨らみやすくなります。

また、完全にしぼんでいないのでより膨らむといったイメージです。

 

 

 

Sponsored Link



Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

NON

NON

新卒から看護師として働いており、仕事も楽しく一生看護師として全うしようと思っていました。しかし、ある出会いで副業について知ることになりました。そして、一生看護師として働くことに疑問を持ってしまい、今は看護師休憩中。働いていた中での看護師の知識をはじめ、美容や健康など働く社会人に役立つ情報を発信します。

この人が書いた記事  記事一覧

  • サプリメントで健康被害?!サプリメントって体に悪いの?

  • 美肌菌を育てる!オリゴロジックをおすすめする理由

  • 【服を安く買う!】可愛い洋服を安く買える方法がこんなに!?

  • セルライト&むくみをケアするクリームがすごい!

関連記事

  • PCV

  • PS(Pressure Support:プレッシャーサポート)

  • 医学書・専門書買取はどこがいい?評判を徹底比較!!

  • 呼吸仕事量

  • 漿膜

  • やめたい!!と思った新人看護師のための情報をお届け